放送終了「運命と怒り」チュ・サンウク&イ・ミンジョン、復讐に成功した2人が迎えた結末とは…?

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「運命と怒り」放送画面キャプチャー
「運命と怒り」のチュ・サンウク、イ・ミンジョンが復讐に成功して再会した中、シム・イヨンがどんでん返しの主人公だった。

9日に韓国で放送されたSBS週末ドラマ「運命と怒り」(脚本:イ・ジェイン、チョン・チャンホ、演出:チョン・ドンユン)最終回(第39話、第40話)では、テ・インジュン(チュ・サンウク)とク・ヘラ(イ・ミンジョン)が真実を探していく姿が公開された。

これに先立ってテ・インジュンは、コ・アジョン(シム・イヨン)から録音ファイルをもらった。これを通じて、ク・ヘラの姉ク・ヒョンジュ(チャ・スヨン)を殺そうとしたことと自身に濡れ衣を着せるために証拠を操作したのが、ハン・ソンスク(ソン・オクスク)とテ・ジョンホ(コン・ジョンファン)の仕業であったことを確認した。

テ・インジュンはハン・ソンスクとテ・ジョンホに復讐するために彼らの裏金を把握した後、ク・ヘラの助けで経営権を奪うことができる持ち分を確保した。コ・アジョンは息子と一緒に暮らすための計画を立てた。

このような状況でチン・テオ(イ・ギウ)はテ・インジュンに会って、過去にコ・アジョンが自身に来て「テ・インジュンとク・ヘラが会えるようにして欲しいと頼んだ」と暴露した。

これにテ・インジュンはコ・アジョンの跡をつけた。そんな中、ク・ヒョンジュが6年ぶりに意識を取り戻した。ク・ヒョンジュは自身を殺そうとした人がコ・アジョンだったと話した。これによってコ・アジョンは逮捕され、涙を流しながら自白した。

その後テ・インジュンとク・ヘラは日常に戻った。テ・インジュンはク・ヘラに会って「許してあげる」と話した。この言葉にク・ヘラは涙を流し、テ・インジュンはク・ヘラを抱きしめた。

「運命と怒り」の後番組としては、2月15日午後10時から金土ドラマ「熱血司祭」が放送される。

記者 : ホ・ソルヒ