ハン・ジミン、12歳年下のナム・ジュヒョクに言及「ドラマ撮影中は年齢差をあまり意識しないで…」

MYDAILY |

写真=マイデイリーDB
ハン・ジミンが、ナム・ジュヒョクと演技する上で年の差を意識していないと明らかにした。

本日(11日)午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)コンラッドホテルにて行われたJTBCの新しい月火ドラマ「眩しくて」の制作発表会に、俳優ナム・ジュヒョク、ハン・ジミン、キム・ヘジャ、ソン・ホジュン、キム・ガウンが出席した。

この日ナム・ジュヒョクは、12歳年上であるハン・ジミンとの演技呼吸についての質問を受けると「演技する上でとても幸せな瞬間で、あまりにもよくしてもらったので、気楽に演技することができたようだ」と答えた。

続いてハン・ジミンは「現場で演技をする時は、後輩であることや年齢差についてあまり意識しないで撮影するようにしている。これまで多くの先輩たちに会った時、先輩たちも現場で気楽にしてくださった。ナム・ジュヒョクさんは私より若いため、お互いに努力した部分もある。現場では、相手俳優として仲間に接する気持ちで楽しく撮影した」と述べた。

「眩しくて」は与えられた時間を使い切ることも出来ず失ってしまった女性と、輝かしい時間を自ら投げ出して無気力な人生を生きる男、同じ時間の中にいるが、異なる時間を生きる2人の男女の時間離脱ロマンスを描いている。韓国で11日午後9時30分より初放送される。

記者 : キム・ミリ、写真 : ソン・イルソプ