Wanna One出身パク・ジフン、初単独ファンミーティングで多彩なステージを披露…メンバー3人のサプライズ訪問も!

MYDAILY |

写真=MAROO企画
Wanna One出身のパク・ジフンが、初単独ファンミーティングを大盛況に終えた。

パク・ジフンは9日、慶熙(キョンヒ)大学の平和の殿堂でデビュー以来、初の単独ファンミーティング「FIRST EDITION IN SEOUL」を開催した。午後2時と6時の2回にわたって開催されたファンミーティングには、計7000人のファンが集まった。

この日、パク・ジフンはソロアーティストとしても抜群の実力を証明し注目を集めた。レッドスーツでステージに上がったパク・ジフンは、エド・シーランの「Shape of you」のダンスパフォーマンスでオープニングステージを飾り、Wanna Oneの収録曲「欲しい」と「Hide and Seek」、ユニット曲「11」、SHINee テミンの「Press Your Number」など多彩な公演を披露した。

特にパク・ジフンはファンのために直接作詞したファンソング「Young 20」のステージを初公開し注目を集めた。彼は「イ・デフィ作曲家がプレゼントしてくれた曲です。ファンの方々を想いながら僕もラップメイキングに参加しました。皆さんが喜んでくれたら、シングル音源としてもお会いすることが出来ると思います」と曲について紹介した。

これと共に、この日のファンミーティングにはWanna Oneとして一緒に活動したリーダーユン・ジソンとキム・ジェファン、ペ・ジニョンが花束を持ってサプライズ登場し、皆を驚かせた。忙しいスケジュールにも関わらず会場に訪れて固い義理を誇示した彼らは、パク・ジフンの活動を応援し変わらない友情をアピールした。

約2時間30分の公演を披露したパク・ジフンは「すべてのジャンルができるように頑張る。ディナーショーを開催する日まで、ずっと続けていきたいです」と、覚悟を伝えた。

パク・ジフンのアジアファンミーティングはソウルを始め日本、香港などでも開催される予定だ。

記者 : キム・ナラ