2PM ジュノ&ユ・ジェミョン出演「自白」予告映像第1弾を公開…緊張感あふれる事件現場

TVREPORT |

写真=tvN
tvNの2019年初のジャンル物「自白」の第1弾予告映像が公開された。“一事不再理の原則”という憲法条項を見る人の脳裏に深く刻印し、ウェルメイド法廷捜査物の誕生を予告する。

tvNジャンル物のヒット系譜を継ぐと期待を集めているtvN新土日ドラマ「自白」(脚本:イム・ヒチョル、演出:キム・チョルギュ)。一度判決が確定された事件は、再び扱えない“一事不再理の原則”。その法の垣根に隠された真実を追う人々のストーリーを描く法廷捜査物だ。「第1回カンヌ国際シリーズフェスティバル」のオフィシャル・コンペティション部門に進出し、話題を集めた「Mother」を演出したキム・チョルギュ監督の新作で、「シグナル」「秘密の森」に続くtvNのウェルメイドジャンル物の期待作だ。

昨日(8日)公開された予告映像は、犯罪事件現場にフォーカスを当て、強烈なスタートを飾る。雨が降る夜の寂しくも恐ろしい雰囲気、鋭いパトロールカーのサイレンの音、目まぐるしい警光灯、そして忙しい警察たちの動きが息の詰まる緊張感を作り出す。これと共に“一事不再の原則”(大韓民国憲法第13条第1項)というキーワードが登場し、注目を集める。続いて「一度判決が判決された事件は、再び扱えない」「無罪判決を受けた者は、永遠に無罪だ」という文句が順番に登場し、興味をそそる。

このようなキーワードの後ろに映る2PM ジュノ(チェ・ドヒョン役)とユ・ジェミョン(キ・チュノ役)の姿も興味深い。真実を追跡する二人の男の姿が「無罪判決を受けた者、本当に無罪だろうか?」という疑問を抱かせる。そのため、法の垣根に隠された真実とこれを追う者たちの物語がどのように繰り広げられるか、関心が高まる。

15秒の短い映像からも感じられる、キム・チョルギュ監督の品格の高い演出が期待を高める。事件現場を俯瞰で撮影して威圧感を加える一方、様々なタイトショットを活用して緊張感を高める。これを受け、キム・チョルギュ監督の手で「Mother」を越える新しい名作ドラマが誕生すると期待を集める。

「自白」は韓国で3月に初放送される予定だ。

記者 : チョ・ヘリョン