ソン・ガンホ&パク・ヘイルら出演映画「わが国の語音」がクランクアップ…今夏公開予定

MYDAILY |

写真=MEGABOX(株)PLUSM
俳優ソン・ガンホとパク・ヘイルが映画「わが国の語音」の撮影を終えた。

「わが国の語音」は7日、「先月31日に、4ヶ月間の撮影を終えた」と伝えた。

「わが国の語音」は、民のために自分のすべてをかけて訓民正音(フンミンジョンウム:ハングルのこと)を作った世宗大王と、不屈の信念で彼と共にしたけれど歴史に記録されなかった人々のストーリーを描いた作品だ。一番高い身分から一番低い身分まで、ハングルの誕生に信念をかけた人々について描いた。

忠武路(チュンムロ、韓国映画界の代名詞)のベテラン俳優ソン・ガンホ、パク・ヘイル、チョン・ミソンと「王の運命-歴史を変えた八日間-」「雲を抜けた月のように」などの脚本を手がけたチョ・チョルヒョン監督のコラボレーションで話題を集めた。

「わが国の語音」はストーリーが持つ面白さだけではなく、完成度高い作品の誕生を予告する。出演陣と制作陣は4ヶ月間の撮影期間にソウル、坡州(パジュ)、龍仁(ヨンイン)、栄州(ヨンジュ)、順天(スンチョン)、聞慶(ムンギョン)、谷城(コクソン)、扶余(プヨ)、陜川(ハプチョン)、全州(チョンジュ)、山清(サンチョン)、扶安(プアン)、河東(ハドン)、安東(アンドン)など韓国の各地域を回りながら美しい風景を盛り込んだ。

ソン・ガンホは劇中、文字と知識を権力で独占していた臣下たちの反対にもかかわらず、文字は百姓のものという信念でハングル制作を始め、完成させた世宗大王に変身した。パク・ヘイルは、朝鮮の抑仏政策(仏教の抑圧すること)によって一番低い身分だった僧侶シンミに変身、ソン・ガンホと完璧な演技シナジー(相乗効果)を発揮した。

ソン・ガンホの世宗大王とパク・ヘイルの僧侶シンミが、志を同じくしてハングルを作る過程で輝く二人の呼吸は、密度高いドラマの中で面白さと感動を与える予定だ。ここに昭憲(ソホン)王后役のチョン・ミソンは、世宗大王の人間的な姿を理解し、ハングル制作をサポートした賢くて思慮深いキャラクターを通じて劇に重さを与える予定だ。

本日(7日)に公開したクランクアップスチールでは、最後の撮影を記念して無形文化財第28号パク・ヨンドク刻字匠が特別製作した、訓民正音諺解本の前書きが刻まれた木版を手に持つ俳優たちの明るい顔が目を引く。

ソン・ガンホは「残念でさびしい気持ちがするほど、満足感を感じる。感情が交錯するという言葉がぴったり当てはまる日だ。スタッフと俳優たち、そして監督を始め制作陣の努力が必ず良い成果につながるだろう」と伝えた。

パク・ヘイルは「素敵で歴史的な空間である光化門(クァンファムン)で撮影を終えた。楽しみにしてほしい」と伝えた。

チョン・ミソンは「良い作品に参加することができて、ありがたく、一生懸命に楽しく撮影した。早く終わった気がして残念だ。良い作品が誕生するだろう」と話した。

最後にチョ・チョルヒョン監督は「良い俳優とスタッフに会い、彼らの献身的な努力のおかげで無事に撮影を終えた。これからまた新たなスタートだ。彼らの苦労が無駄にならないように後半作業にも最善を尽くす」と話した。

「わが国の語音」は、韓国で今夏公開する予定だ。

記者 : キム・ナラ