放送終了「まず熱く掃除せよ」ユン・ギュンサン&キム・ユジョン、すれ違ってしまった2人の結末は…?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「まず熱く掃除せよ」画面キャプチャー
ドラマ「まず熱く掃除せよ」が幸せな結末を迎えハッピーな終止符を打った。

4日に、韓国で放送されたJTBC「まず熱く掃除せよ」では、再会したソンギョル(ユン・ギュンサン)とオソル(キム・ユジョン)の最後のストーリーが公開された。

チャ会長(アン・ソクファン)はオソルの家を訪れ、家族たちに心からの謝罪を伝えた。チャ会長は「申し訳ございません。とても遅くなりました。本当に申し訳ございません」と深く頭を下げた。オソルの家族たちは涙を流した。

オソルは「謝罪するのが簡単ではなかったと思います。でも許すことも簡単ではありませんね。時間はかかりそうですが、今日の会長の姿を覚えておきます」と複雑な心境を伝えた。そんなオソルにチャ会長はソンギョルとの関係が終わったことを遺憾に思うと言いながら繰り返し謝罪した。

ソンギョルはアメリカ行きを選んだ。オソルはそんなソンギョルを引き止めるために空港に向かったが、二人は行き違ってしまった。

2年後、ソンギョルとオソルは再会を果たした。2年間でソンギョルは潔癖症を少し克服したようだった。ソンギョルはまた「全く変わってないね、オソルさんは。スタイルは少し変わったけど前と同じようですね」と小さく笑った。

続いてソンギョルは「祖父のことはごめんなさい。今になって謝っても仕方ないと思いますが、アメリカに行く前に許しを得なければならなかったのに勇気がありませんでした。どうしたらいいのかも分からなくて……」と打ち明けた。

全部過去のことだというオソルに、ソンギョルは「でも謝りたかったです。大変なことがあったのも分からず、僕がオソルさんを愛して苦しめたこと、申し訳ないと思っていました」と繰り返し謝罪を伝えた。

オソルはそんなソンギョルを断ろうとしたが、ソンギョルはストレートに気持ちを伝え始めた。オソルが働いている会社の窓にぶらさがって愛を告白したのだ。オソルは「こんなことをしても仕方ないですよ。もう終わりました」と線を引いた。

結局、ソンギョルは酔っ払ったままオソルのところを訪れ、アメリカにいる2年間一度も彼女を忘れたことがなかったと心を伝えた。ソンギョルは、またオソルの父に会い気持ちを伝えた。結局、オソルの心も動いた。オソルとソンギョルは長い悪縁を乗り越え2年ぶりに再会し、完璧なハッピーエンドを完成させた。

記者 : イ・ヘミ