キム・ヨングァン&チン・ギジュ&元RAINBOW ジェギョンら出演…新ドラマ「初対面で愛します」ラインナップ完成

10asia |

写真=AVEDA、IOKカンパニー、NAMOOアクターズ、ファイブリーダーズ
SBSの新月火ドラマ「初対面で愛します」が、キム・ヨングァン、チン・ギジュ、元RAINBOW ジェギョン、ム・ジンソンらのラインナップを完成させ、春と青春を伝える準備を整えた。

「初対面で愛します」は、冷たいボス、ド・ミンイク(キム・ヨングァン)と熱血秘書のチョン・ガルヒ(チン・ギジュ)のコメディードラマ。今年5月の初放送に似合う爽やかさと甘さのため、ストーリーと映像が満載だ。キム・ヨングァン、チン・ギジュ、元RAINBOW ジェギョン、ム・ジンソンなどの役者が爽やかさをプラスしている。

キム・ヨングァンは、劇中でT&Tモバイルメディア1チームの本部長、ド・ミンイク役を演じる。ミンイクは明晰な頭脳を誇るが、時と場合を問わず秘書を呼ぶ幼稚な行動に明け暮れる問題のボスだ。キム・ヨングァンの“マンチッナム(漫画から飛び出してきたような男)”なビジュアルとフィジカルは、早くもときめき本能を刺激し、ハマってしまう魔性の男性主人公の誕生を予告する。

ブラウン管とスクリーンを行き来しながら、優れた演技力と存在感でライジングスターに浮上したチン・ギジュは、ド・ミンイクの秘書チョン・ガルヒに変身する。彼のあらゆる言いつけを素直に履行する彼女は、T&Tモバイルの公式”パシリ”と呼ばれるほどだ。しかし、内面にはガールクラッシュ(女性から見てもかっこいい女性)な魅力に満ちた話し方を隠している。チン・ギジュの可愛さと弾けるさわやかさは、愛らしい秘書チョン・ガルヒを誕生させるものと期待される。

しっかりした演技力を立証している元RAINBOWのジェギョンは、映画制作会社シネパークの代表理事ベロニカ・パクに扮する。生まれつきの感覚で完璧な仕事ぶりを誇るが、傍若無人な性格に男なしでは生きられない混沌とした私生活を持つ人物として、破格的な演技の変身を遂げる。

暖かい容姿と安定的な演技力が印象深いム・ジンソンは、ミンイクの親友であると同時に、T&Tモバイルメディア2チーム本部長のキ・テジュ役を演じる。実力はもちろん、優しくて気さくな性格まで兼ね備えたキャラクターだ。

「初対面で愛します」の制作陣は「春に似合う、華やかで弾ける、明るいドラマだ。キム・ヨングァン、チン・ギジュ、元RAINBOWのジェギョン、ム・ジンソンが各自自分の服を着たように、それぞれのイメージに合うオーダーメイドなキャラクターを演じる」と話した。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな