I.O.I出身キム・チョンハ「人気歌謡」1位で音楽番組4冠…Apink&宇宙少女らのカムバックステージも

TVREPORT |

写真=SBS
I.O.I出身キム・チョンハが「人気歌謡」で1位に輝いた。

13日に放送されたSBS「人気歌謡」で、キム・チョンハはBen、EXOをおさえて1位を手にした。

キム・チョンハの「もう12時」は、恋人と別れなければならない時間の12時が近づき、もうそれぞれ帰らなければいけないのに、心の対話のように帰りたくない心を挑発的かつ率直に表現したナンバーだ。

キム・チョンハは「人気歌謡」の1位まで手にし、音楽番組で4位を達成してソロ女性シンガーとしてのパワーを見せつけた。

同日の番組で注目を浴びたのは、Apinkのカムバックステージだった。新曲「%%」と「抱きしめて」の2曲を披露したApinkは、魅惑のカリスマ性と一段とレベルアップした女性らしい魅力で視線を集めた。

“国民のガールズグループ”を夢見る宇宙少女もタイトル曲「La La Love」でカムバックした。タイトル曲「La La Love」は、完全には理解できない恋の感情を表現したナンバーであり、宇宙少女の幻想的な魅力が印象的だ。

他に、5人組で再活動したKNKもさらにアップグレードした男らしい魅力を誇った。

同日の「人気歌謡」にはSUPER JUNIOR リョウク、WINNER、f(x) ルナ、I.O.I出身キム・チョンハ、UP10TION、LOVELYZ、N.Flying、D-CRUNCH、KNK、G-reyish、Apink、宇宙少女、VERIVERYらが出演した。

記者 : シン・ナラ