SUPER JUNIOR イェソン&BUMKEYがタッグを組む…1月10日にコラボ曲「Carpet」発売

OSEN |

写真=Label SJ
SUPER JUNIORのイェソンとBUMKEYがタッグを組み、実力派ボーカリストの甘い組み合わせが誕生した。

イェソンとBUMKEYは10日午後6時、MelOn、FLOW、genie、iTunes、Apple Music、Spotify、Xiami Musicなどの音楽配信サイトを通じて、SM「STATION」シーズン3の4番目の楽曲「Carpet」を発売する予定であり、音楽ファンの反響が期待される。

新曲「Carpet」は乾燥した冬に寂しい家の雰囲気を表現するためにピアノとコントラバスの2つの楽器だけを使用し、節制されたコーラスとミニマルな構成が際立つ曲で、ずっと変わることなく敷かれたカーペットのように、愛するあなたに伝えたい慰めの気持ちを隠喩的な歌詞に込めて、癒やしが必要なリスナーたちに穏やかな感動を与えるものとみられる。

先駆けてイェソンはCHEEZEのボーカルであるダルチョンとのデュエット曲「Spring in me」、Red Velvetのスルギとコラボした「Darling U」、I.O.I出身のキム・チョンハとコラボした「Whatcha Doin」など多彩なコラボで反響を得ており、BUMKEYとコラボした新曲「Carpet」にも高い関心が予想される。

SMのデジタル音源公開チャンネル「STATION」シーズン3は、隔週木曜日ごとにさまざまなアーティストとプロデューサー、作曲家とのコラボで誕生した新しい音源を発売している。

記者 : ソン・ミギョン