「私の男の秘密」ソン・チャンウィ“顔に唾をかけるシーン、あり得ないと思った”

KSTYLE |

瓜二つの2人の男と運命に翻弄された女たちが復讐のカルマに堕ちる……誰も観たことのない最狂の愛憎復讐劇「私の男の秘密」のDVDが好評リリース中!

実力派俳優ソン・チャンウィは本作で初の一人二役に挑戦。傲慢で冷酷な金持ち男と、誠実に生きてきた貧乏男という全く対照的なキャラクターを演じている。

今回、リリースを記念して、ソン・チャンウィのオフィシャルインタビューが到着。ドラマの見どころや共演者とのエピソードはもちろん、日本ファンへのメッセージまでたっぷりと語ってくれた。

――本作に出演を決めた理由を教えてください。

ソン・チャンウィ:「私の男の秘密」の台本をもらって、一人二役に対してとても興味を持ちました。出演することができて嬉しかったです。

――初の一人二役ということで、プレッシャーなどはありましたか? 実際に挑戦していかがでしたか?

ソン・チャンウィ:1つの作品で2つのキャラクターの心情を表現するのは簡単なことではなかったですが、演じていく中で徐々に2人の状況に共感できるようになりました。そしてある時からは、演じるのが楽しくなりました。

――結婚後初のドラマ出演でしたが、心境はいかがでしたか? 作品に出演した感想を教えてください。

ソン・チャンウィ:結婚後にいい役を演じることができてありがたかったですし、良い結果を残すことができて嬉しかったです。

――ジソプとジェウク、同じ顔の別人を演じるにあたって、外見や演技で心がけたことは何ですか?

ソン・チャンウィ:話し方や見た目の違う双子を作り出しました。2人の想いや状況の違いを表現することに1番重点を置きました。

――ジソプとジェウクはそれぞれ心に傷を抱えていたり、葛藤がありますが、どちらか一方、または2人とソン・チャンウィさんご自身に共通する部分は何ですか?

ソン・チャンウィ:台本に書いてある2人を自分の感性で演じたので、2人とも自分と似ているところがあると思います。1番共感できたシチュエーションは、後半のジェウクの人間らしい姿です。

――ご自身の出演シーンやセリフの中で、最もお気に入り、あるいは印象深いものを教えてください。

ソン・チャンウィ:撮影が終わってから少し時間が経ってしまい……恐らく序盤の漢江シーンが1番苦労した場面だったと思います。一方、印象に残っているセリフは、ジソプがどうにもできない状況の中で悪役へと変わり、娘ヘソルに厳しいことを言ってしまう場面です。

――ジソプは過去を捨てて、一方でジェウクは事故にあって、良い意味でも悪い意味でもそれぞれ変化しますね。ソン・チャンウィさんも本作出演をキッカケに変化したことはありますか?

ソン・チャンウィ:個人的には作品のような変化はありません(笑)。俳優として一人二役に挑戦して、演技力が少し高くなったなという変化はある気がします。

――ジソプとソラは最悪な出会いから意気投合して結婚したと思いきや、運命に引き離されてしまいます。ジソプが過去を捨ててソラを突き放すシーンは、とても切なくて悲しいですね。ソラ役のカン・セジョンさんとの共演はいかがでしたか?

ソン・チャンウィ:ソラは辛い状況が多かったので、カン・セジョンさんは撮影が大変だったと思います。でも、撮影現場では、笑いながら楽しく撮影をしました。

――本作の悪女役でヒロインの一人でもあるヘリムを演じた、パク・ジョンアさんとの共演はいかがでしたか?

ソン・チャンウィ:パク・ジョンアさんの悪役はいつもやる気に満ち溢れています。演じながら大変なこともあったと思いますが、いつも面白かったです。活力のある女優です。

――会社の跡継ぎ問題や、ラブバトルでドラマ上ライバル役だったイヌク。彼を演じるキム・ダヒョンさんは、ソン・チャンウィさんと同じくミュージカルでも活躍する俳優さんですよね。共演していかがでしたか?

ソン・チャンウィ:キム・ダヒョン
さんは、ミュージカル俳優としても有名な方です。時々、同じ公演にも出演したことがあります。互いに励まし合いながら楽しくドラマを撮影できたのは、いい思い出です。

――愛憎ドラマは長尺で、撮影期間も長かったと思いますが、撮影現場で一番楽しかったことは何ですか?

ソン・チャンウィ:100話まであるドラマなので、短距離ではなくマラソンを走っているような気分でした。何よりも楽しく撮影するのが重要でした。中でも、ユン・ジュサンさんのお話は面白くて笑いを堪えられませんでした。

―― 一方で、大変だったことは何ですか?

ソン・チャンウィ:一番大変だったのは、セリフの量です。毎日ドラマなので限られた時間や状況の中で撮影するのは大変でしたね。

――マクチャン(日常では起こりえない過激な事件や出来事が連続して展開するドラマ)と言えば、あり得ないことがたくさん起きたり、演じていて突っ込みたい部分も多々あったのではないでしょうか? ソン・チャンウィさんが思わず「あり得ない!」と自分でも感じた1番の面白いシーンはどの部分ですか?

ソン・チャンウィ:初めはそのようなあり得ない状況に疲れてしまい大変だったのですが、ある時からみんな楽しみ始めるんです。何と言っても、顔に唾を掛けるシーンは「あり得ない」と思いました。

――様々な悪役が登場する本作ですが、ソン・チャンウィさんが一番魅力的だと思う悪役キャラクターは誰ですか?

ソン・チャンウィ:やはり悪の中心となって下さったウィ・ソネ役のイ・フィヒャンさんだと思います。悪役にも愛を注ぎ、真剣に取り組んで下さいました。

――主演俳優ほか、イ・フィヒャンさん、ファン・ヨンヒさん、パク・チョロさんなどなど……。豪華な俳優陣が集結しているのも本作の魅力の一つですよね。ソン・チャンウィさんが撮影を共にして、お手本にしたい、また共演したい俳優は誰ですか?

ソン・チャンウィ:イ・フィヒャンさんからはたくさん良い影響を受けました。自分の学校の先輩でもあります。

――悪役が強烈だったり、ストーリー展開が突拍子もなかったり、愛憎と復讐が巻き起こるドラマですが、撮影現場の雰囲気はどうでしたか? 何かエピソードがあれば教えてください。

ソン・チャンウィ:撮影現場はいつも和気藹藹としていました。もちろん緊張感は持ちながら撮影に取り組みました。大変な撮影の中で、みんな本当に努力をしたと思います。

――本作で2017年KBS演技大賞毎日ドラマ優秀賞に輝きましたね! 受賞されたときの気持ちをお聞かせください。

ソン・チャンウィ:想像もしていなかったのですが、受賞することができて嬉しかったです。家族やスタッフ、同僚たちに感謝しています。

――本作は高視聴率を獲得し、幅広い世代から人気を呼んだ作品だと思いますが、ドラマ出演後の反響はいかがでしたか?

ソン・チャンウィ:周りの人たちは、みんなお疲れと言って下さいました。中高年の方々には少しだけ、お近づきになれたんじゃないかと思います。

――マクチャンドラマの中でも、このドラマが他とは違う部分、魅力は何だと思われますか?

ソン・チャンウィ:多様なストーリーや極限状態に置かれることが多いですが、それでも常に希望を持つというメッセージはあまり古くさくなく、気軽に手に取って見ることができると思います。

――初のスクリーンデビューが『世界の中心で愛を叫ぶ』のリメイクだったり、日本映画の『パッチギ! LOVE&PEACE』や、日本の小説が原作の『少年は泣かない』に出演したり、ソン・チャンウィさんは何かと日本と縁がある印象です。映画、ドラマ、アニメや食べ物など、日本のもので何かお好きなものはありますか? あれば教えて下さい。

ソン・チャンウィ:日本の映画は色彩が美しくて感動的なのでたまに見ていますが、「のだめカンタービレ」が面白かったです。料理も全て好きですし、ビールも好きです。

――最後に、日本のファンの皆様へ向けてメッセージをお願いします。

ソン・チャンウィ:「私の男の秘密」は様々なストーリーと感動、そして人間関係での葛藤や怒り、恋愛の要素があるので飽きることなく楽しく見ることができると思います。たくさんの応援をよろしくお願いします。

「私の男の秘密」リリース情報

・DVD-SET1 好評発売中
GNBF-3951/第1話~第18話7枚組/本編約540分/¥15,000+税

・DVD-SET2 2019年2月2日(土)発売
GNBF-3952/第19話~第35話7枚組/本編約510分/¥15,000+税

・DVD-SET3 2019年3月2日(土)発売
GNBF-3953/第36話~第52話7枚組/本編約510分/¥15,000+税

・DVD-SET4 2019年4月2日(火)発売
GNBF-3954/第53話~第69話7枚組/本編約510分/¥15,000+税

・DVD-SET5 2019年5月9日(木)発売
GNBF-3955/第70話~第86話7枚組/本編約510分/¥15,000+税

・DVD-SET6 2019年6月4日(火)発売
GNBF-3956/第87話~第100話6枚組/本編約420分/¥15,000+税

※レンタルDVDリリース
・Vol.1~5 好評レンタル中
・Vol.6~11 2019年2月2日(土)
・Vol.12~21 2019年3月2日(土)
・Vol.22~31 2019年4月2日(火)
・Vol.32~41 2019年5月9日(木)

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd.(C)2017 KBS All rights reserved.

公式サイト:http://kandera.jp/sp/otokonohimitsu/

記者 : Kstyle編集部