1/6は日本初の韓ドラ<第1話>一挙見せますSP!「魔性の喜び」「第3の魅力」「ライフ」「先にキスからしましょうか」衛星劇場で連続放送

KSTYLE | |PR

(C)Copyright 2018. iHQ Entertainment & Media GROUP. All Rights Reserved.
CS放送局「衛星劇場」では、2019年も続々と話題の日本初放送の韓国ドラマがスタートする。まずはドラマのスタート前に、1月6日(日)の夜に日本初放送作品の第1話を4作連続で放送が決定! ソ・ガンジュンの主演最新作や、キスシーンが話題を集めたラブコメディ、キム・ソナ主演の大人のラブロマンス、そしてイ・ドンウク&チョ・スンウ共演の医療ドラマまで、注目作の第1話をチェックするチャンス。お正月休み最終日の夜は、ぜひテレビの前でチェックしてほしい。

まず6日の18時に放送されるのが、「愛の迷宮-トンネル-」でOCN史上最高視聴率を記録した後、オファーが殺到していたチェ・ジニョクが次の作品として選んだ話題作「魔性<マソン>の喜び(原題)」だ。毎日記憶を失う男と、地に落ちた元トップスターとのちょっぴり切ないラブロマンスが展開される。ヒロインには「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」で注目を集めたソン・ハユンが大抜擢された。本作ではチェ・ジニョクが“キス職人”と呼ばれるほどにキスシーンが満載で、韓国だけでなく同時放送された台湾でも話題となった。台湾では600万回に迫る再生回数を突破し、2018年上半期に放送された韓国ドラマの最高記録を更新した。

(C)SBS
続いて19:15から放送されるのが、「私の名前はキム・サムスン」などで知られる“ラブコメの女王”キム・ソナのキスから始まる大人のラブロマンス「先にキスからしましょうか(原題)」。大人ならではの大胆なセリフが衝撃的で、韓国では初回から10%を超える視聴率を記録した。共演は「私の人生の春の日」などの実力派俳優カム・ウソン。他にもオ・ジホ、パク・シヨン、ハン・ゴウン、キム・ソンス、イェ・ジウォンら実力派の同年代の俳優たちが揃った。恋に臆病になった崖っぷちの中年バツイチ男女の大人の恋愛がしっとり、かつテンポよく描かれる。

(C) Jcontentree corp. all rights reserved
20:30からは人気俳優ソ・ガンジュンの主演最新作「第3の魅力(原題)」を放送。「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で大ブレイクし、前作「君も人間か?(原題)」の一人二役の演技も好評だったソ・ガンジュンが選んだのは、12年におよぶ男女の恋愛を描いたピュアなラブストーリーだ。自分の目には輝いて見えるお互いの“第3の魅力”にハマった男女が、20歳の春、27歳の夏、32歳の秋と冬を共に過ごしながら、12年にわたる二人の恋愛事情が描かれる。ソ・ガンジュンが現実的な模範生ジュニョンを、色々な事情のある女性ヨンジェを「この恋は初めてだから」などのイ・ソムが演じる。脚本は、映画「風邪」のパク・ヒグォンと映画「素敵な一日」のパク・ウニョンが共同で執筆し、ドラマ「フルハウス」「彼らが生きる世界」「プロデューサー」のピョ・ミンスが演出を手がけた。

(C) Jcontentree corp. all rights reserved
そして、21:50から放送されるのが、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」のイ・ドンウクと、「秘密の森~深い闇の向こうに~」のチョ・スンウが共演した超話題作「ライフ(原題)」だ。医師の信念を貫こうとする救急救命専門医と、効率を重視する新任社長。守ろうとする者と変えようとする者の信念の葛藤を中心に、大学病院内の権力闘争や人間関係を描いた医療ドラマで、主演の二人の他に「ただ愛する仲」の注目女優ウォン・ジナや、ベテランのムン・ソリ、ムン・ソングン、チョン・ホジンら豪華俳優陣がキャスティングされた。脚本を、百想芸術大賞で大賞&脚本賞を受賞した「秘密の森~深い闇の向こうに~」のイ・スヨンが手がけ、大学病院の院長の死から始まるミステリーと、それぞれの思いを抱える医師たちの人間模様が描かれる。ミュージカル界&映画界の大スター、チョ・スンウと超人気俳優イ・ドンウクがどんな化学変化を見せるのか注目だ。

1月6日(日)に衛星劇場で実施する「日本初の韓国ドラマ<第1話>まとめて一挙に見せますスペシャル!」は、スカパー!やJ:COMなど一部のケーブルテレビ局では無料で楽しむことができる。まだ2019年に観る作品を決めていないドラマファンは、この4作品の第1話を観てぜひ全話観たい作品を選んでほしい。このチャンスをお見逃しなく!


日本初の韓国ドラマ<第1話>まとめて一挙に見せますスペシャル!

放送日時:2019年1月6日(日)
・18:00~19:15 「魔性<マソン>の喜び(原題)」
・19:15~20:30 「先にキスからしましょうか(原題)」
・20:30~21:50 「第3の魅力(原題)」
・21:50~23:00 「ライフ(原題)」

■放送情報
「魔性<マソン>の喜び(原題)」
全16話
本放送:1月24日(木)放送スタート!
毎週(木)午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:チェ・ジニョク、ソン・ハユン、イ・ホウォン、イ・ジュヨン
演出:キム・ガラム / 脚本:チェ・ジヨン

<ストーリー>
家柄、才能、ルックスと全てを兼ね備えた脳神経外科医コン・マソン。ある日、トップスターのキップムを海南島で助けたマソンは、彼女のかわいらしい魅力に惹かれ、2人はあっという間に恋に落ちる。キスを交わした2人は1時間後に会う約束をするが、彼女を待つ間キップムを陥れようとする男たちの会話を聞いてしまう。気になったマソンは男の後を追いかけるが、そこで交通事故に遭い、眠ると記憶を失う“記憶障がい”に! 何も知らないキップムは、彼が来なかったことにショックを受け、彼女を陥れようとする男の酒を飲んでしまう。そして目を覚ますと男は死んでおり、その容疑者にされた彼女はトップスターの座を失ってしまう。それから3年後、偶然再会したマソンとキップム。キップムを覚えていないマソンは冷たい態度を取り、互いの印象は最悪に。しかし翌朝、昨日のキップムとの記憶が断片的に蘇ったマソンは、彼女の存在が気になり始める。

「先にキスからしましょうか(原題)」
全20話
本放送:2月13日(水)放送スタート!
毎週(水)午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:カム・ウソン、キム・ソナ、オ・ジホ、パク・シヨン、ハン・ゴウン、キム・ソンス、イェ・ジウォン
演出:ソン・ジョンヒョン / 脚本:ペ・ユミ

<ストーリー>
初恋のギョンスと結婚するものの離婚したスンジンは、元夫ギョンスの借金返済のため貧困生活を余儀なくされている。一方、ギョンスは再婚し愛するジミンと暮らしているが、実はまだスンジンも愛しており使い分けをしている。そんな中、スンジンの前に堅物のムハンが現れる。なかなか恋愛に発展しないムハンにスンジンは「キスを先にしよう」と言い出して…。

「第3の魅力(原題)」
全16話
本放送:2月15日(金)放送スタート!
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)

出演:ソ・ガンジュン、イ・ソム、ヤン・ドングン、イ・ユンジ、ミン・ウヒョク
演出:ピョ・ミンス / 脚本:パク・ヒグォン、パク・ウニョン

<ストーリー>
小心で繊細な性格のため、人気はないものの、キャンパスの春を楽しみにしている大学新入生のジュニョン。早くに両親を亡くしたため、大学進学を諦め、美容院でアシスタントとして働くヨンジェ。二人は20歳のある暖かい春の日に出会い、恋に落ちる。7年後の夏、二人は偶然、再会し、それから本物の恋愛を始める。しかし、正反対の性格の二人。互いの違う点を魅力に感じ、付き合い始めたが、ジュニョンとは全く違う魅力を持つホチョルが現れ、結局、二人はまた別れることになる。それから5年後の秋、結婚を控えたジュニョンの前に再び現れたヨンジェ。離婚して戻ってきたヨンジェに、ジュニョンは12年前のあの日のように心が揺さぶられてしまうのだが…。

「ライフ(原題)」
全16話
本放送:2月26日(火)放送スタート!
毎週(火) 午後8:30~11:00ほか(2話連続放送)

出演:イ・ドンウク、チョ・スンウ、ウォン・ジナ、ムン・ソリ、イ・キュヒョン、ユ・ジェミョン、ムン・ソングン
演出:ホン・ジョンチャン、イム・ヒョヌク / 脚本:イ・スヨン

<ストーリー>
応急医療センターで忙しく働く医師イェ・ジヌ。彼には医師が進むべき道に対する確固たる信念があった。すべては父のようでもあり、友人のようでもあった院長イ・ボフンに教えられたものだ。ジヌにとってサングク大学病院は、仕事場であり、母校であり、家でもある。そんな場所に大企業出身のク・スンヒョが社長として赴任してくる。医療機関を企業と同じように考え、効率を重視するスンヒョのやり方にジヌは反発するが…。

衛星劇場ホームページ:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部