Cherry Bullet、リアリティ番組でコンテンツ制作バトルに挑戦…無邪気な魅力を活気

MYDAILY |

写真=FNCエンターテイメント、Mnet「インサイダーチャンネル Cherry Bullet」放送画面キャプチャー
FNCの10人組の新ガールズグループCherry Bullet(ヘユン、ユジュ、ミレ、ボラ、ジウォン、ココロ、レミ、チェリン、リンリン、メイ)が、元気いっぱいな魅力を発揮した。

昨日(26日)韓国で公開されたMnetリアリティー「インサイダーチャンネル Cherry Bullet」第4回で、Cherry Bulletはキッズクリエイターであり、小統領(小学生にとっての大統領)というニックネームで親しまれているHey Jiniからすべての年齢に合わせることができるコンテンツ作成のヒントを伝授された。Cherry Bulletは各チームごとに部屋脱出ゲーム、VRゲーム、異色ソリ体験まで、3チーム3色のアイテムで競争を繰り広げて視聴者たちに豊かな見どころを提供した。優勝チームは、VR体験で大きな笑いをプレゼントしたミレ、チェリン、リンリンのCherry Attackチームが輝いた。

Cherry BulletはMnet「インサイダーチャンネル Cherry Bullet」を通じて、ビューティー、フィットネス、モクバン(食べる番組のこと)、インサイダープレイ(インサイダー:初めて会う人にも古くからの友人のように親しみながら仲良くやっていく人を指すオンライン新造語)まで網羅し、様々なコンテンツを通じて、真のクリエイターに生まれ変わっている。特に毎回異なるテーマに挑戦するCherry Bulletは、新人らしい元気と情熱を示したり、無邪気でキュートな魅力からガールクラッシュな魅力まで披露し、人々の注目を集めている。

Mnet「インサイダーチャンネル Cherry Bullet」は、アイドルとして第一歩を踏み出すCherry Bulletメンバーが、歌謡界の“インサイダー”になるための熾烈な“LANケーブルバトル”を繰り広げるリアリティー番組である。毎週水曜日の夜7時に韓国で放送される。

記者 : ヨ・ドンウン