SBS「リターン」2018年最高視聴率ドラマ1位に…人気ドラマが続々とランクイン

TVREPORT |

写真=SBS
SBSドラマ「リターン」が韓国で2018年に放送されたドラマ視聴率順位で最終的に1位を確定した。

2018年1月1日から12月20日まで、SBSとKBS、MBCを含む地上波とJTBC、MBN、TV朝鮮、チャンネルA、tvN、OCNなどの総合編成チャンネルとケーブルチャンネル数十本のドラマが放送された。

この中でニールセン・コリアのミニシリーズ部門視聴率を調査した結果、ドラマ「リターン」が全体で1位になった。

1月17日から3月22日まで放送されたチュ・ドンミン監督とチェ・ギョンミン脚本家の「リターン」は、弁護士と刑事が犯行を犯した上流層“悪ベンジャーズ”にプレッシャーをかけて真実を追うストーリーが功を奏した。初放送当時、ニールセン・コリア首都圏(以下、同一)6.7%で始まったドラマは、最高視聴率19.6%と平均視聴率14.96%を記録し、華麗に放送を終了した。そしてこの記録は1年間維持されたのだ。

2位は7月7日から9月30日まで放送されたtvN「ミスター・サンシャイン」で、有料プラットフォーム基準で平均視聴率14%を記録した。3位はKBS 2TV「私たちが出会った奇跡」4位と5位はそれぞれ放送されているtvNの「ボーイフレンド」そして「賢い監房生活」が獲得した。

そして6位と7位は感性メロが描かれ好評されたSBSの「キスからしましょうか」と「三十ですが十七です」が平均10%を記録し、8位は皇室ロマンススリラーというジャンルを標榜した「皇后の品格」が順位に入った。特に「皇后の品格」の場合、7%台で始まったが、20日の放送分が最高視聴率が18%を越えた状況で、12月最後の週には順位がより上昇すると予想される。

続いて9位と10位はKBS 2TV「黒歴史」とtvNの「100日の朗君様」がそれぞれ順位に入った。これに伴い、SBSは「ミニシリーズTOP 20」で「キツネ嫁星」と「胸部外科」「イ判サ判」まで7作品をランクインさせ、tvNの場合6作品、そしてKBS 2TVとMBCはそれぞれ4作品と3作品をランクインさせた。参考に現在放送中のMBC「悪い刑事」は11位、JTBC「SKYキャッスル」は前半低かった視聴率のため現在20位圏前半に位置している。

他にも週末ドラマ2049視聴率TOP 10部門ではSBSが5本、KBS 2TVが3本、MBCが2本含まれていることが確認された。

今年ミニシリーズと週末ドラマだけで全国的に総視聴者数平均100万人を超えたドラマが62本で、首都圏で総視聴者数平均100万人を超えたドラマは18本だった。現在、テレビ視聴環境がモバイルとVOD、IPTVに拡散されている状況だが、まだテレビによるドラマのリアルタイム視聴がメインになっていることが現れた。

SBSドラマ関係者は「今年地上波とケーブル、総合編成チャンネルで放送されたミニシリーズの中で『リターン』が堂々と1位を獲得した。また、『リターン』のチュ・ドンミン監督が演出を担当いている『皇后の品格』の急上昇も注目するに値する」とし「2019年にもSBSはより面白さを届けるので、楽しみにしていただきたい」と紹介した。

また、2018年ドラマを総決算する「2018 SBS演技大賞」はMCのシン・ドンヨプ、イ・ジェフン、シン・へソンの司会で韓国で31日の夜8時55分からSBSを通して放送される。

記者 : ソン・ヒョジョン