ついに本日公開!EXO ディオ&パク・ヘスら「スイング・キッズ」出演陣、挨拶映像を公開(動画あり)

MYDAILY |

写真=NEW
映画「スイング・キッズ」のEXO ディオ、パク・ヘス、オ・ジョンセが公開日を迎え、観客に直接伝える挨拶映像を公開した。

「スイング・キッズ」は、1951年の巨済島(コジェド)捕虜収容所を舞台に、ダンスに対する情熱で集まった寄せ集めのダンスチーム“スイングキッズ”の、心躍るストーリーを描いた映画だ。

今回公開された公開記念挨拶映像は「スイング・キッズ」でダンスチームのトラブルメーカーロ・ギス役を演じたディオ、無許可通訳士ヤン・パンレ役のパク・ヘス、唯一のロマンチストカン・ビョンサム役を演じたオ・ジョンセが直接伝える感謝の挨拶で、視線を捉えた。

まずディオは「『スイング・キッズ』いよいよ本日公開します!」と、映画の公開を待ってきた観客たちに出会うときめきを伝えた。またパク・ヘスは「家族、恋人、友達と共に『スイング・キッズ』を鑑賞し、温かい年末になってほしいです」と伝えた。またオ・ジョンセは「クリスマス、年末シーズンに皆様に楽しさを与えます」と観客たちに挨拶を伝えた。

このように俳優たちが直接観客たちに伝える心を込めたメッセージを公開した「スイング・キッズ」は、老若男女の心をとらえるたった一本の映画で、クリスマスと年末の劇場街に興行ブームを巻き起こす予定だ。

独創的なストーリーと感性的な演出、世代を超える共感と面白さを伝え観客から愛されてきたカン・ヒョンチョル監督の4年ぶりの新作で、エネルギー溢れる若者俳優たちの新鮮な相乗効果に、捕虜収容所内のタップダンスチームというユニークな題材が加わって爆発的な期待を受けている映画「スイング・キッズ」は、韓国で本日(19日)から公開される。

記者 : クァク・ミョンドン