「2018 MAMA」防弾少年団の制作陣が4冠達成…パン・シヒョク代表はベストプロデューサーを受賞

TVREPORT |

写真=TVレポート DB、Big Hitエンターテインメント
防弾少年団の制作陣が「2018 MAMA PREMIERE in KOREA(2018 MAMA)」で4冠の栄誉を手にした。

10日、ソウル中(チュン)区東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)では「2018 MAMA」が開催された。

授賞式で専門部門の受賞者は映像で公開された。「ベストプロデューサー」は防弾少年団が所属しているBig Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が受賞した。

防弾少年団の「FAKE LOVE」の振付師ソン・ソンドゥクが「ベスト振付師」を、PDOGGが「ベストプロデューサー」を、MU:Eが「ベスト・アートディレクター」の受賞者としてその名を連ね、防弾少年団の制作陣が4冠を達成した。

記者 : パク・グィイム