「病院船~ずっと君のそばに~」ハ・ジウォン“CNBLUE カン・ミンヒョクとの印象的なシーンは…”

KSTYLE |

孤島を往診する“病院船”を舞台に、ハ・ジウォンとCNBLUE カン・ミンヒョクが繰り広げる甘いラブストーリー「病院船~ずっと君のそばに~」のDVDが好評発売中。DVDリリースを記念して、ハ・ジウォンのインタビューが到着!

緊張感漂うスリリングなメディカル要素と医師たちの甘い恋愛模様をふんだんに盛りこみ、視聴者の心をがっっちりキャッチした本作の見どころや、演じたキャラクターについて、共演したカン・ミンヒョクとのエピソードを語ってくれた。

【インタビュー】「病院船」でドラマ初主演のCNBLUE カン・ミンヒョク“ヒョンというキャラクターが僕に教訓を与えてくれました”

――演じられたソン・ウンジェはどのような人物ですか?

ハ・ジウォン:私が演じるウンジェは手術にしか興味のない外科医です。普通の人よりも体温が1度低いんじゃないかと思うほど冷淡で、コミュニケーション能力が全くない人物です。そんな彼女が、ある事件をきっかけに病院船に勤務することになり、徐々に人間として成長していきます。

――ウンジェとご自身の似ているところと、似ていないところは?

ハ・ジウォン:私は1つのことに集中している時、ウンジェと似た行動をするらしいです。私は集中している時に人に話しかけられると、すごく冷たい態度を取るそうなんです。そんな自覚はなかったのですが、「病院船」を見た家族にそう告白されて驚きました。

――ウンジェは仕事中の顔と、普段のややマヌケな姿にギャップがありますが役作りは難しかったですか?

ハ・ジウォン:難しくはなかったです。実は私は極度の方向音痴でして。ウンジェは劇中、よくつまずいたり、道に迷ったりしますよね。あれは私が現場で方向を見失う姿を見て、後付けされた設定です。だからとても自然に演じられました。


「撮影中は島に滞在…あの生活が恋しいです」

――初の医師役でしたが、本作のどこに魅力を感じて出演を決めましたか?

ハ・ジウォン:温かくて飾り気のないストーリーを求めていた時に「病院船」のシナリオに出会いました。ウンジェという冷淡な人物が、島の人々や病院船の仲間と出会って、徐々に変わっていく姿に感動したんです。彼女の人間くさい部分に引かれたのだと思います。医療ドラマというジャンルに引かれたというよりも、温かい人々の物語の中に、ソン・ウンジェという外科医が存在することが気に入りました。

――巨済(コジェ)島でロケを行った感想は?

ハ・ジウォン:私はもともと、自然に癒やされることが好きなんです。巨済島は本当に美しい場所でした。あまりに景色が美しいので、撮影が明け方に終わった時などは、わざわざ日の出を見てから寝床に入っていました。本当に海も空も土までも美しかったですね。ロケの最中も、「次は、いつこんな美しい景色を見られるだろう」と思って景色を目に焼き付けていました。病院船の甲板から見る空と海は最高に美しかったです。

――島でのロケは大変なことも多かったと思いますが、逆に撮影チームの絆は深まったのでは?

ハ・ジウォン:病院船の撮影チームは、巨済島に常駐していたので、みんなお互いに自分が行ったおいしいお店など、島の情報を交換し合っていました。劇中の病院船の仲間たちと同じような生活をしていたんです。島に滞在したおかげで、撮影期間中はハ・ジウォンとしての日常を離れ、ウンジェとして暮らすことができたと思います。今後また巨済島で暮らす機会はないと思うので、あの生活が恋しいですし、とても良い思い出になりました。


「私は血が苦手で手術のシーンは…」

――ハ・ジウォンさんは血が苦手だそうですが、どのように克服して撮影に臨んだのですか?

ハ・ジウォン:私は血が苦手なんですが、ソン・ウンジェという人物を絶対に演じたいと思ったので、手術シーンに慣れようと、アメリカや日本のドラマやドキュメンタリー番組をたくさん見ました。それによって医師が使う用語や、患者に接する心情、日常の姿を知ることができました。また実際に医師の方々に会って話も伺いました。その他に、手術シーンを撮影する時に驚いた目つきをしないよう、解剖学の本を買って臓器の絵を写したりもしました。手術に慣れた人の目つきを身に着けたくて、手術の動画を見るなどして常に勉強をしていました。血を見るのも苦手だった私が、こんなに楽しく医師役を演じられるとは想像もしませんでした。また医療ドラマに出る機会があれば、ぜひ出演したいです。手術シーンが恋しいです。

――マスクをしながら表情の演技を見せるのは大変だったのでは?

ハ・ジウォン:そうですね。顔の大部分を覆った状態で、果たして目だけで演技ができるのかと正直心配でした。だから手術シーンを初めて撮る日はすごく緊張しましたし、とても悩んだので忘れられません。撮影の時は、目から思いが伝わるようにと、心の中でセリフを言い続けていました。アイメイクをしない状態で撮影に臨んだおかげで、目の演技がストレートに伝わったように思います。何よりも視聴者の皆さんが好意的に見てくださったので感謝しています。


「ミンヒョクさんは私と一緒になって泣いてくれたんです」

――カン・ミンヒョク(CNBLUE)さんとの共演の感想と、最も印象的だった共演シーンを教えてください。

ハ・ジウォン:ミンヒョクさんとは息が合っていたと思います。彼はヒョンのイメージにピッタリだったので、私も相手役として演じやすかったです。撮影が進むにつれて、お互いにより通じ合うようになりました。ドラマの終盤で、私がミンヒョクさんの胸の中で泣くシーンがあったのですが、彼は顔が映らないにもかかわらず、私と一緒になって泣いてくれたんです。本当にヒョンになりきって、私の演技に応えてくれていたんだと思います。

――ミンヒョクさんの意外な魅力は? 自撮りがうまかったり?

ハ・ジウォン:ご本人いわく、自撮りは下手らしいです。でも私も自撮りが苦手なので、上手い下手の判断がつきませんでした。ミンヒョクさんは感情豊かな人だと思いますね。顔立ちは子犬のようにかわいらしいですが、現場ではタフな姿を見せていました。気配りができるという点も魅力的です。

――ウンジェを巡る三角関係がありましたが、彼女に似合う相手はどんな人だと思いますか?

ハ・ジウォン:個人的には2人とも魅力的な男性だと思います。ウンジェにはドキドキする恋よりも、相手に寄りかかるような恋が似合うと思うので、脚本家の先生もヒョンを選んだのではないでしょうか。


「『病院船』は自分の隣にいる人の大切さに気づけるドラマ」

――ハ・ジウォンさんにとって「病院船」とは?

ハ・ジウォン:「病院船」に出ることは挑戦でした。そして、次にまた新たな挑戦をする勇気をくれた作品でもあります。正直、最初はウンジェが視聴者の皆さんに愛されることを期待していませんでした。でも皆さんに愛してもらえて感謝しています。おかげで、次にもっと強烈なキャラクターを演じても、受け入れてもらえるだろうという勇気を持てました。最初は嫌われるかと心配しましたが、皆さんがウンジェに夢中になってくれて、ありがたかったです。

――日本の視聴者にメッセージをお願いします。

ハ・ジウォン:「病院船」には笑える部分もありますが、身近に感じられる物語が心に刺さり、毎回感動して泣けるドラマです。「病院船」を見れば心が温まり、自分の隣にいる人の大切さに気づかされるでしょう。今後もいい作品で皆さんにお目にかかりたいと思います。皆さん大好きです。

■商品情報
「病院船~ずっと君のそばに~」
DVD-BOX1&2 発売中
○DVD-BOX1
価格:15,000円(税抜)
品番:KEDV-0621
1~10話/5枚組/本編700分+特典映像100分
特典映像:特別番組「出航スペシャル」&メイキングPart.1 100分予定
初回生産限定:初回特典:ポストカード3枚
封入特典:ストーリー&フォトブック(24P)

○DVD-BOX2
価格:15,000円(税抜)
品番:KEDV-0622
11~20話(最終話)/5枚組/本編700分+特典映像100分
特典映像:インタビュー&メイキングPart.2 100分予定
封入特典:ストーリー&フォトブック(24P)

発売元:コンテンツセブン/デジタルアドベンチャー
販売元:TC エンタテインメント
2017年/全20話/韓国放送:MBC
©2017 MBC
※商品デザイン/組枚数/仕様/特典は変更になる可能性がございます。

■関連サイト
「病院船~ずっと君のそばに~」公式HP:http://byouinsen.jp/

記者 : Kstyle編集部