シン・ドンヨプ&シン・ヘソン「2018 SBS演技大賞」のMCに抜擢…12/31放送

10asia |

写真=SBS
シン・ドンヨプとシン・ヘソンが「2018 SBS演技大賞」でMCとして息を合わせる。

シン・ドンヨプとシン・ヘソンは31日午後8時55分から、上岩(サンアム)プリズムタワーで生放送で行われる「2018 SBS演技大賞」授賞式のMCを務める。

シン・ドンヨプはこれまで数多くの番組の司会者として活躍し、2016年には「みにくいうちの子」で「SBS芸能大賞」を受賞した。シン・ドンヨプは昨年に続き、今年も演技大賞のMCを務めることになった。

シン・ヘソンは今年、SBSで「三十ですが十七です」と「死の賛美」のヒロインとして出演し、感性豊かな演技で深い印象を残した。

演技大賞の演出を引き受けたミン・ウィシクプロデューサーは「シン・ドンヨプさんは国内最高のトークと機転が利く進行役であるだけに、信頼が持てる。最近、めざましく活躍しているシン・ヘソンさんは演技大賞のMCは初めてだが、覚悟だけは誰よりもしっかりしていて意欲も強い」と話し、「2人のMCの息が光を放ち、今回の演技大賞をより際立たせる」と紹介した。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな