「運命と怒り」イ・ミンジョン&イ・ギウの隠密な出会い…危険な共助関係

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS
「運命と怒り」イ・ミンジョンとイ・ギウの共助は本格化するのか?

SBS週末ドラマ「運命と怒り」(脚本:カン・チョルウン、演出:チョン・ドンユン)制作陣は、危険な共助関係を結んだク・へラ(イ・ミンジョン)とチン・テオ(イ・ギウ)の秘密の出会いが盛り込まれた現場スチールカットを6日に公開した。

先週の放送でチン・テオは、自分を裏切った昔の恋人チャ・スヒョン(ソ・イヒョン)に復讐するためにク・へラに巨額のお金を渡し、チャ・スヒョンの政略結婚相手であるテ・インジュン(チュ・サンウク)を誘惑するよう提案し、切実にお金が必要だったク・へラは悩みの末にチン・テオの提案を受け入れた。

このような状況で夜遅く、人気の少ない場所で再び会うク・へラとチン・テオの姿が公開され、“共助本格化”に対する期待を高める。二人とも初対面の時と比べ、お互いに慣れている姿でポケットに手を入れて話すチン・テオはク・へラがすでに自分のワナにハマったと思い、その次に進もうとしているように見え、ク・ハラも迷わずチン・テオの目をまっすぐに見つめ、駆け引きしているようだ。チン・テオから「テ・インジュンの心を盗め」という妙な提案を受け葛藤していた姿とはかなり変わった表情だ。

復讐を隠したまま、余裕のあるふりをしているチン・テオと自分の中に眠っていた貪欲と野望に目覚め始めたク・へラ。果たして彼らの共助は本格化するのか? 彼らの共助がどのように自分たちを含めたテ・インジュンとチャ・スヒョンの運命を揺るがすのか、期待される。

制作陣は「チン・テオとク・へラの共助が本格化すると、最初の放送で見せた華奢で悲しげな彼らではなく、冷酷で、欲張りなチン・テオとク・へラが視聴者の前に姿を現すはずだ。二人の共助により起きる出来事が視聴者に、より多くの緊張を届けるはず」とコメントした。

「運命と怒り」は、運命を変えるために一人の男を愛する女性と、運命だと思いその女性を愛する男、目的のために男を手に入れようとする女性と復讐のためにその女性を取り戻そうとする男など、4人の男女のすれ違う愛と怒りを盛り込んだ現実性の高い激情メロドラマで、韓国で8日21時5分から第5~8話が連続放送される。

記者 : ソン・ヒョジョン