「ときめき注意報」ユン・ウネ&チョン・ジョンミョン、予測不可能な切ないロマンス…再会に期待

TVREPORT |

写真=MBN「ときめき注意報」放送画面キャプチャー
チョン・ジョンミョンとユン・ウネの近づけないロマンスが、視聴者の心を痛めた。

韓国で5日に放送されたMBN水木ドラマ「ときめき注意報」では、ユン・ユジョン(ユン・ウネ)を守るために距離を置くしかないチャ・ウヒョン(チョン・ジョンミョン)の胸が痛くなる恋と、二人を邪魔するカン・へジュ(カン・ソヨン)の驚きの陰謀が描かれ、最後まで目を離せない展開だった。

チャ・ウヒョンは、病院を閉院する危機になると、その背後として疑われる生物学的な父親チャ・テス(キム・ビョンギ)のところに行き、やめてほしいという意思を確固にした。予想していなかった父の遅れた謝罪と交渉の提案にも、周りの人が傷つくことを防ぐため、自身の思いを曲げなかった彼は、チャ・テスときちんと戦うための準備を続け、関心を高めた。

一方、連絡が取れなくなったチャ・ウヒョンへの気持ちの整理を始めたユン・ユジョンは、ドレスの広告撮影で本格的な芸能界活動を始めた。しかし、チャ・ウヒョンと婚約式を前に、ドレスを見にきたカン・へジュ(カン・ソヨン)と鉢合わせし、二人の女性の間に漂う冷たい空気は息を呑まざるを得ないものだった。

特にユン・ユジョンはチャ・ウヒョンが選んでくれたドレスだと挑発するカン・へジュに衝撃を受けた。続いて腕を掴み離さないカン・へジュといざこざを起こした彼女の前にチャ・ウヒョンが登場、複雑に絡んでしまった状況がどのように解決されるのか、関心を集めた。

このように「ときめき注意報」第11話では、ただユン・ユジョンだけを思う本当の気持ちとは違い、彼女の前に現れないチャ・ウヒョンの切ない純愛が描かれた。相変わらず2人を苦しめるチャ・テスとカン・へジュの嫉妬が視聴者に感情移入させ、ユン・ユジョンとチャ・ウヒョンが再会できる日への期待を高めた。

この日の放送では、子供の頃火事で母親を亡くしたユン・ユジョンが、一生恨んでいた父親ユン・チョルス(チョン・ギュス)と再会した。父親に冷たい態度を見せたものの、彼女は父の店の前まで行き、心的変化を見せた。また、店で父親とチャ・ウヒョンが一緒にいる姿を目撃し、3人の間にある絆は何なのか、次回に対する関心がより高まった。

「ときめき注意報」は韓国で本日(6日)午後11時に第12話が放送される。

記者 : シン・ナラ