橋本環奈、初の韓国訪問で衝撃?「私のことを知っているなんて…」

TVREPORT |

写真=橋本環奈 Instagram
千年に一度の美貌という意味の“千年ドル”という修飾語で、アジア圏でその名を知らせた橋本環奈が、その修飾語に対して謙遜する姿を見せた。

橋本環奈は本日(30日)、ソウル中(チュン)区東大門(トンデムン)MEGABOXで行われた「銀魂2 掟は破るためにこそある」(監督:福田雄一)のマスコミ向け試写会に出席した。

この場で橋本環奈は、自身の修飾語に対し「純粋に嬉しく思います。“千年ドル”という単語も初めて聞きました。そうやって私のことを知り、呼んでいただいたことに対し、恐縮で申し訳ない気持ち」と話した。

映画PRのため、今回韓国に来たのが初めてだという彼女は「たくさんの方が私の名前を知っていることを知らなくて、本当に驚きました」「(韓国の観客の皆さんが)知ってくださることを嬉しく思います。韓国の方も原作をたくさん読み、アニメーションをご覧になった方も多いと思います。1作目もたくさんご覧いただけたようですが、2作目もたくさん見ていただいて笑っていただきたいと思います」と願いを伝えた。橋本環奈はこの映画で、怪力と大食いを誇る神楽を演じた。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、累積販売部数550万部を突破した同名の日本漫画を実写化した作品だ。滞納している家賃を集めるためにアルバイトを始めた万事屋の3人組が、“ヘタレたオタクになるマイクロチップ”を強制移植され、攻撃力を失った新撰組の部長土方を助けることで繰り広げられることを描く。

橋本環奈と小栗旬、菅田将暉、柳楽優弥らが主演を務めた。「銀魂2 掟は破るためにこそある」は韓国で12月13日に公開される。

【PHOTO】橋本環奈&福田雄一監督、映画「銀魂2」メディア試写会に出席

記者 : チョ・ヘリョン