ヒョンビン&パク・シネ主演「アルハンブラ宮殿の思い出」Netflixで公開決定!日本では12/2より配信スタート

10asia |

写真=Netflix
Netflixが、tvNの新週末ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」を12月1日から放送する。

「アルハンブラ宮殿の思い出」は、韓国を含むアジア(日本以外)および英語圏の国で国内放送後1時間でサービスを始める。日本は12月2日から毎週日曜日と月曜日、ヨーロッパおよび南米など全世界の他の国々は12月11日から毎週火曜日に2話ずつNetflixを通じて公開される予定だ。

「アルハンブラ宮殿の思い出」はスペインのグラナダに訪れた投資会社代表のユ・ジヌ(ヒョンビン)がチョン・ヒジュ(パク・シネ)が運営する古いホステルに泊まり、奇妙な事件に巻き込まれるストーリーを描くサスペンスロマンスドラマだ。最近「コンフィデンシャル/共助」や「スウィンダラーズ」「交渉」など多彩な姿でスクリーンを駆け巡っていたヒョンビンが「シークレット・ガーデン」「私の名前はキム・サムスン」で見せてくれたときめくロマンスを再び披露する。

ドラマ「ドクターズ」「ピノキオ」を通じてロマンス強者であることを見せてくれたパク・シネは、予測できないサスペンスと運命的なロマンスでヒョンビンと遭遇する。また、「秘密の森」で感性的な演出を披露したアン・ギルホ監督と「イニョン王妃の男」「ナイン:9回目の時間旅行」「W」など、驚くべき想像力で見る人々を魅了したソン・ジェジョン脚本家が共にする。

「アルハンブラ宮殿の思い出」は12月1日午後9時、tvNで初放送予定であり、同日Netflixでも公開される。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな