防弾少年団、またも大賞に!「2018 Asia Artist Awards」で5冠達成

OSEN |

写真=OSEN DB
「2018 AAA」の主人公もやはり防弾少年団だった。

28日、仁川(インチョン)南洞体育館で「2018 Asia Artist Awards(AAA)」が開催された。

同日の授賞式で防弾少年団は大賞をはじめ、合わせて5冠を達成した。防弾少年団のジミンは、「本当に大きな賞を頂き、感謝している。今年はたくさんのことがあった。ARMYやメンバーたちと一緒にする時間が大切であることを、もう一度感じることができた。今年の残りの時間、よい姿で恩返しする」と明かした。ジンは、「皆様のおかげで大賞を受賞できた。これはARMYがくれたARMYの賞だと思っている。僕たちはARMYを愛するから、ARMYも僕たちを見守ってほしい」と話した。

ジョングクは、「年明けからよいことが多かった。年末までによいことがたくさん起きて幸せだ。これからも幸せな日々が期待される。皆様と楽しく、幸せに歩いていきたい。これからも一緒にいたい」と話した。SUGAは、「年末に大きな賞を頂き、感謝している。今日は本当に賞をたくさん頂くことができて気持ちいい」と言い、RMは「一緒に出演してくださったアーティストに感謝する。賞を受けることは当たり前なことではない。ここにいるだけでありがたい」と感想を伝えた。

J-HOPEは、「SE7EN先輩を見て歌手を夢見た。僕たちの夢を育ててくれた先輩方に感謝する。聞いていただきたい話がとても多い。楽しみにしてほしい」と言い、Vは「2018年、ARMYからたくさんのプレゼントをもらった。2019年にはもっとよいステージをお見せする」と明かした。

防弾少年団は大賞だけでなく、AAA fabulous賞、今年のアーティスト賞、starpay人気賞、韓国観光公社の感謝牌を受賞した。韓流を発展させた功労を認められ、韓国観光公社の感謝牌を受けた防弾少年団は、「僕たちが感謝牌を受けるのは、初めてだ。僕たちのステージと音楽を一生懸命にしただけなのに感謝牌を頂き、光栄だ。僕たちの席で黙々と一生懸命に歌い、音楽を通して多くの方々の役に立てるよう努力する。世界中のARMYに感謝する」と話した。

starpay人気賞の主人公も防弾少年団だった。全世界でファンを確保していることが認められる瞬間だった。J-HOPEは、「この賞は皆様の代わりに僕たちが受け取っているのだと思っている。限りない栄光をARMYたちと共にしたい。皆様は今日も人気のある歌手のファンであり、その歌手を応援する素敵な方々だ。愛してる」と述べた。

それだけでなく、防弾少年団のプロデューサーPdoggが「AAAベストプロデューサー賞」を受賞し、二重の喜びがあった。

防弾少年団は、5日に行われた「2018 MGA(MBC PLUS × genie music AWARD)」でダンス賞男子部門をはじめ、人気賞、男性グループ賞、大賞に当たる今年の歌手賞、今年のデジタルアルバム賞を受賞し、5冠を達成した。

MGAで今年初めて大賞を受賞した防弾少年団は、予想通り「AAA」でも音楽部門で大賞を受賞し、底力を証明した。今年1年の間に「ビルボード200」1位、最年少文化勲章の受賞、韓国の歌手として初めてスタジアム公演を開催するなど、新たな歴史を築いただけに、当然の受賞とも言える。

MGAに続き、AAAで大賞を受賞した防弾少年団の活躍はこれからも続くと見られる。防弾少年団の大賞受賞は、依然として現在進行形だ。

【PHOTO】防弾少年団「2018 Asia Artist Awards」レッドカーペットに登場

防弾少年団「2018 MGA」で11冠の快挙“ファンに栄光を捧げたい”

写真=OSEN DB

記者 : チョン・ジウォン