人気俳優が続々と…チン・グ&パク・ギウン、ハ・ジウォンに続き「プロメテウス」から降板が決定

OSEN |

写真=OSEN DB
俳優チン・グとパク・ギウンがドラマ「プロメテウス」に出演しないことを決定した。

27日午後、OSENの取材によると、俳優チン・グとパク・ギウンは最近、ドラマ「プロメテウス」に出演しないことを決定した。チン・グとパク・ギウンは、ドラマ「プロメテウス」の主要キャストに選ばれたが、最終的に合流しないことにしたという。

ドラマ「プロメテウス」は、制作費300億ウォン(約30億円)の大作ドラマと知られ、話題を集めた。「プロメテウス」は、最近南北首脳会談や米朝首脳会談などで北朝鮮の非核化が本格的に進む国際情勢を踏まえ「非核化の過程で海外に派遣された北朝鮮の核関係の主要科学者たちが送還中に消えた」という想像から始まったドラマだ。

しかし、主要キャストに選ばれた俳優らが次々と降板し、制作に赤信号が灯った。ハ・ジウォンは、同ドラマで国家情報院対北2チーム長のチェ・ウンソ役を演じる予定だったが、10月10日にドラマから降板した。ハ・ジウォンの所属事務所は「スケジュールの問題で降板した」と明かした。ハ・ジウォンの後任は、まだ決まっていない。

それに「プロメテウス」はMBCで放送されることが有力視されたが、MBCの来年編成にも含まれないことになった。これに対し、MBCのある関係者は「編成を議論していたが、最終的に選ばれなかった」と説明した。MBCが来年放送する番組のリストに入れなかったのは、ハ・ジウォンが降板する前に決まったことだという。

これと共に主要キャストとして出演することになっていたチン・グとパク・ギウンの出演まで叶わず、「プロメテウス」は再び俳優をキャスティングしなければならない状況になった。果たして「プロメテウス」が様々な危機を乗り越え、制作を成功することができるだろうか、これからが注目される。

“主役ハ・ジウォンが突然降板”新ドラマ「プロメテウス」制作が白紙に

チン・グ、新ドラマ「プロメテウス」男性主人公に決定…ハ・ジウォンと共演

記者 : ユ・ジヘ