ソ・ジソブ「私の恋したテリウス」イベントで台湾を訪問…約2000人のファンが集結

TVREPORT |

写真=51K
水木ドラマの視聴率で不動の1位をキープし、2年ぶりとなるドラマ復帰を成功させた「私の恋したテリウス」の主人公ソ・ジソブが、台湾でプロモーションイベントを開催し、現地のファンと交流した。

24日、ソ・ジソブは台湾KKTVの招待で台北を訪れた。2泊3日の短い日程の中で、ソ・ジソブは「私の恋したテリウス」の台湾プロモーションイベントに出席し、現地メディアとファンの熱い歓声を受けた。

ソ・ジソブの今回の訪問は、KKTVでドラマ「私の恋したテリウス」を視聴した台湾ファンの熱いリクエストで実現した。イベント開催のニュースが報じられた時から現地メディアの熱い関心を受けた今回のプロモーションは、入国から記者会見、ファンとの交流現場までソ・ジソブを一目見ようと集まった台湾メディアとファンで賑わっていた。

ファンとの交流イベントに先立ち、ソ・ジソブは記者会見で韓流スターとしての存在感を誇った。ソ・ジソブが台湾やアジア圏で高い認知度を持っているだけに、今回のプロモーションには海外メディアのインタビュー要請も殺到した。

「台湾でも『私の恋したテリウス』に大きな声援があったという話を聞いて、とても感謝している」と挨拶したソ・ジソブは「真剣さと愉快さが共存する温かい台本が気に入って『私の恋したテリウス』を選んだ。完璧なエージェントとしての姿、ベビーシッターとしての人間味溢れる姿を両方届けようと努力した」と伝えた。

翌日に開催された観客との交流イベントには台湾でも爆発的な関心が集まっている「私の恋したテリウス」の主人公ソ・ジソブに会うために台湾主要メディアの取材陣と約2000人のファンが集まった。

「こんにちは、テリウスです」というウィットのある挨拶でステージに上がったソ・ジソブは、ドラマ放送終了の感想を伝え、撮影のエピソードを公開して熱い歓声を受けた。また、直筆サイン入りのドラマポスターを贈呈するイベントや、手でハートを作るフォトタイムイベントなどたっぷりのファンサービスを披露したソ・ジソブは「『私の恋したテリウス』に送ってくれた声援に感謝している。みなさんの後ろにテリウスがいるだけに、心配しないで幸せに過ごしてほしい。僕が守る」と最後の挨拶を伝え、台湾のファンに忘れられない思い出をプレゼントした。

イベント関係者は「多くのメディアやファンの声援のおかげでプロモーションを成功させることができた。台湾だけでなく、アジアのファンの熱狂的な反響で元祖韓流スター、ソ・ジソブの人気を実感した。これからの活動がさらに楽しみだ」と熱い現地の雰囲気を伝えた。

韓流スターとして高い人気を証明したソ・ジソブは、ドラマ「私の恋したテリウス」を終えて現在次回作を準備している。

記者 : パク・ソリ