公園少女「第10回Seoul Success Awards」でデビュー後初の新人賞を受賞…“一生記憶に残るだろう”

OSEN |

写真=KIWIメディアグループ
7人組の新人ガールズグループ公園少女(GWSN)が、デビュー後初めて新人賞を受賞した。

公園少女(ソリョン、ソギョン、ミヤ、レナ、エン、ミンジュ、ソソ)は26日、ソウル龍山(ヨンサン)区グランドハイアットホテルにて開かれた「第10回Seoul Success Awards」で文化部門の新人歌手賞を受賞した。

9月に1stアルバム「夜の公園 part one(THE PARK IN THE NIGHT part one)」でデビューした公園少女は、タイトル曲「Puzzle Moon」でユニークなコンセプトとインパクトの強いステージ、新人らしからぬ優れた実力を誇り、音楽ファンに強い印象を残した。

このような活躍を基に、公園少女は「2018 MAMA」女性新人賞候補にノミネートされ、最近韓国企業評判研究所が発表した2018年11月ガールズグループブランド評判ランキングで11位(全体)、今年デビューしたガールズグループの中では2位になるなど、目を見張る活躍を見せている。

公園少女は、「このように意味深い賞を私たちが受けることになり、とても嬉しくて光栄だ。私たちを応援して愛してくださっているファンの皆様と喜びを分かち合いたい」とし「デビュー後初めて受ける新人賞で一生記憶に残ると思う。これからもっと素敵な姿をお見せできるよう一生懸命活動する」と受賞の感想を語った。

公園少女は12月10日、ソウル東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)で開かれる「2018 MAMA PREMIERE in KOREA」で世界中のK-POPファンから注目を浴びる華やかな舞台を披露する予定だ。

記者 : キム・ウネ