ソ・ガンジュン主演最新作「第3の魅力」 2019年1月に衛星劇場で日本初放送決定!

KSTYLE |

(C)Jcontentree corp. all rights reserved
11月17日に韓国で最終回を迎えたばかりのソ・ガンジュン主演最新作「第3の魅力(原題)」が、早くも来年1月にCS衛星劇場で日本初放送されることが決定した。

「第3の魅力」は、「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」「君も人間か?(原題)」のソ・ガンジュン主演の美しいラブストーリー。自分の目には輝いて見えるお互いの“第3の魅力”にハマった男女が、20歳の春、27歳の夏、32歳の秋と冬を共に過ごしながら、二人の恋愛の四季を描く12年におよぶ恋愛の一大叙事詩が描かれる。

ソ・ガンジュンが現実的な模範生ジュニョンを、色々な事情のある女性ヨンジェを「この恋は初めてだから」などのイ・ソムが演じる。脚本は、映画「風邪」のパク・ヒグォンと映画「素敵な一日」のパク・ウニョンが共同で執筆し、ドラマ「フルハウス」「彼らが生きる世界」「プロデューサー」のピョ・ミンスが演出を手がけた。韓国では「私のIDは江南美人」の後続としてスタートし、20歳の模範生を演じるソ・ガンジュンの初々しい姿やポルトガルでのロケが話題を集めた。


■放送概要
「第3の魅力(原題)」
CS放送局・衛星劇場にて1月日本初放送!
2019年1月6日(日)に第1話を先行放送!
2月より本放送スタート

2018年/韓国JTBC/全16話
(C)Jcontentree corp. all rights reserved

演出:ピョ・ミンス
脚本:パク・ヒグォン、パク・ウニョン
出演:ソ・ガンジュン、イ・ソム、ヤン・ドングン、イ・ユンジ、ミン・ウヒョク

<ストーリー>
小心で繊細な性格のため、人気はないものの、キャンパスの春を楽しみにしている大学新入生のジュニョン。早くに両親を亡くしたため、大学進学を諦め、美容院でアシスタントとして働くヨンジェ。二人は20歳のある暖かい春の日に出会い、恋に落ちる。7年後の夏、二人は偶然、再会し、それから本物の恋愛を始める。
しかし、正反対の性格の二人。互いの違う点を魅力に感じ、付き合い始めたが、ジュニョンとは全く違う魅力を持つホチョルが現れ、結局、二人はまた別れることになる。それから5年後の秋、結婚を控えたジュニョンの前に再び現れたヨンジェ。離婚して戻ってきたヨンジェに、ジュニョンは12年前のあの日のように心が揺さぶられてしまうのだが……。

■関連サイト
公式サイト:https://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=2610

記者 : Kstyle編集部