防弾少年団の所属事務所、韓国の原爆被害者に謝罪

OSEN |

写真=OSEN DB
防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントが、広島や長崎で被爆した韓国の被爆者たちに謝罪した。

防弾少年団が所属するBig Hitエンターテインメントは本日(16日)午後、慶尚南道(キョンサンナムド)陜川(ハプチョン)の原爆資料館で韓国原爆被害者協会の関係者ら約10人と非公開の懇談会を行い、ジミンが昨年着用したいわゆる“原爆Tシャツ”をめぐる議論について正式に謝罪した。

Big Hitエンターテインメントは、「被害者の方々が心に傷を負った部分があると思い、直接うかがって謝罪することが道理だろうと思った。意図したわけではないが、心に傷を負った方々がいらっしゃるなら、心からお詫び申し上げる」と謝罪した。

同協会側は懇談会後、「原爆被害者らは一連の事態に理解を示している」との立場を伝えた。

防弾少年団の所属事務所、原爆とナチス被害者に謝罪「傷つける意図はなかった…全て事務所の責任」(全文)

防弾少年団 ジミン、東京ドーム公演でファンに謝罪「心配させて申し訳ない」

記者 : チャン・ジンリ