TWICE、11月のガールズグループブランド評判1位に!次いでIZ*ONE&BLACKPINKがランクイン

OSEN |

ガールズグループブランド評判の2018年11月のビックデータ分析の結果、1位はTWICE、2位はIZ*ONE、3位はBLACKPINKの順に分析された。

韓国企業評判研究所は、ガールズグループのブランド評判のビックデータ分析のため、2018年10月8日から2018年11月9日まで測定したブランドビックデータ126,550,637個を分析し、ガールズグループブランドに対する参加指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数でブランド評価指数を測定した。今年10月のガールズグループのブランドビックデータ100,896,208に比べ25.43%増加した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすことに目をつけ、ブランドビックデータ分析を通じて作られた指標だ。ガールズグループのブランド評判指数は、ガールズグループに対するポジティブ・ネガティブ評価、メディア関心度、消費者の関心や疎通量を測定することができる。

2018年11月、ガールズグループブランド評判の順位はTWICE、IZ*ONE、BLACKPINK、少女時代、Red Velvet、Weki Meki、宇宙少女、April、fromis_9、Apink、公園少女、(G)I-DLE、MOMOLAND、MAMAMOO、OH MY GIRL、LOVELYZ、DREAMCATCHER、EXID、ICIA、GFRIEND、AOA、LABOUM、T-ARA、DREAM NOTE、今月の少女、Girl's Day、gugudan、AFTERSCHOOL、Berry Good、FIESTARの順だった。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は、「ガールズグループ2018年11月のブランド評判分析の結果、TWICEが1位を記録した。ガールズグループのブランドカテゴリーを見ると、10月のガールズグループのブランドビックデータ100,896,208に比べ25.43%増加した。細部分析を見ると、ブランド消費68.12%上昇、ブランドイシューが40.99%上昇、ブランド疎通が12.95%上昇、ブランド拡散が2.83%上昇した」と分析した。

続いて「2018年11月のTWICEブランドに対するリンク分析では『幸せ』『美しい』『ありがたい』が高く、キーワード分析では『カムバック』『ジヒョ』『YES or YES』が高く出た。TWICEブランドに対するポジティブ・ネガティブ比率分析では、ポジティブ比率が83.54%と分析された」と明かした。

記者 : チ・ミンギョン