Vol.2 ― ソン・シギョン「リリースイベントは目の前でファンの方々と会って、挨拶をして、共感ができる時間」

KSTYLE |

ソン・シギョンが11月21日に、ニューアルバム「君がいるよ」をリリース。魅力満載のバラード全10曲が収録されたアルバムの制作秘話、また、12月末に開催されるアルバムをひっさげたコンサート「ソン・シギョンJAPAN CONCERT 2018 “君がいるよ”」の意気込みをたっぷりと語ってもらったインタビュー後編をお届けする。

Vol.1 ― ソン・シギョンがニューアルバムをリリース!デュエットしたクリスタル・ケイとのエピソードも「ハグされて、身体に空間を開けた(笑)」

【プレゼント】ソン・シギョン直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――日本デビューから約11ヶ月経ちましたが、印象に残っている活動は?

ソン・シギョン:やっぱりリリースイベントは欠かせないですよね。目の前でファンの方々と会って、挨拶をして、共感ができる時間ですから。あとは「しゃべくり007」に出演したことです。本当に不思議な体験でした。NHK Eテレの「テレビでハングル講座」をやっている縁で、NHKの「うたコン」に出演できたのだと思うのですが、そこで安全地帯さんの「ワインレッドの心」を歌ったら、たまたま木村佳乃さんがそれを見て、僕の歌声にハマってくれたというのも不思議だし、それで「しゃべくり007」に呼ばれるというのも不思議でした。

――それは、すごいですよね。

ソン・シギョン:夢みたいでした。日本で地道にやって、いつかは有名なバラエティに出るのも目標だったので、それを少しだけでも味わうことができたのですから。でも、実際には何もできなかったんですよ。何か言おうとするたびに、他の方々に全部奪われました(笑)。時間も短かったですが、むしろそれで良かったのかなとも思います。僕も自分でレギュラー番組を持っているからわかるのですが、番組は流れやスピードがとても大切なんです。オーバーしてはダメ。でも少し僕のことを披露したいという気持ちもあって、そのせめぎあいでしたね(笑)。とにかく、すごくいい経験でした。
 

「日本武道館のステージに立って、やる気が出ました」

――和田アキ子さんのデビュー50周年イベント「WADA fes 」のゲスト出演もされましたね。「~断れなかった仲間たち~」というサブタイトルがついていましたが……(笑)。

ソン・シギョン:(笑)。最初はどういう意味かわからなかったんですよ。エレベーターの中にポスターが貼ってあったのを見てびっくりしました。そもそも仲間達でもないし、断るような立場でもないので(笑)、ただ出演できたのは光栄でした。どれくらい影響力がある方なのかを知って、すごいなと思いました。50周年もすごいことなので、尊敬してやまないです。僕は20周年ですけど、あと30年なんて想像もつかないですから。まだ元気で、まだ人気。それがすごいことだと思います。

――出演者との交流は?

ソン・シギョン:打ち上げがあったのですが、知り合いがいなくてちょっと気まずかったです。隠れられたらいいのですが、身体が大きいので、隅っこに立っていても目立つのか、みんなに見られるんです。それなのに、誰も声をかけてくれないんですよ。大きくて怖かったのかな?(笑)。でも、TUBEの前田亘輝さんにはぜひご挨拶したくて、楽屋に行かせていただきました。TUBEは韓国でもすごく有名なので「韓国でも伝説のグループです」と話しました。

――会場は日本武道館でしたが、武道館のステージはいかがでしたか?

ソン・シギョン:すごく良かったです。やる気が出ました。なぜ皆が武道館でやりたがるのかがわかりました。バラード歌手はそんな大きな会場でコンサートをするなんて無理かと思ったのですが、そうじゃないというので目標ができました。僕のコンサートはスタンディングじゃないから、7000席くらいかと思いますが、ぜひやってみたいです。まだそんなことを言っている場合じゃないですけどね。身の程知らず……。昨日、学んだ単語です。あと、減らず口をたたくも(笑)。
 

「日本で見つけたいいお店…韓国にもあんなお店があってほしい」

――この1年は来日も頻繁でしたが、行きつけのお店や、お気に入りのお店、場所などはできましたか?

ソン・シギョン:日本でスティーヴィー・ワンダーさんのボディガードを担当している友人がいるのですが、その人がまったく予約をとってくれないから、日本に来るたびに10年間同じ店に行っていました。いつも麻布ラーメンか、知り合いの居酒屋でウィンナーソーセージとアジフライにマヨネーズと七味をかけて……。そればかりでした(笑)。でも、最近僕が「孤独のグルメ」のファンになったから、自分で調べておいしい店に連れて行ったりして、逆に彼が「いい店だな~」と感動しています(笑)。

――いいお店は見つかりましたか?

ソン・シギョン:僕は看板や雰囲気を見て、いい店かどうかわかる勘があるみたいです。この前も八丁堀にある「いち」ってお店を調べて、実際に行ってみたら、とても良かったです。「吉田類の酒場放浪記」という番組のロケが来て、吉田類さんがハムカツを召し上がって、でもまだそれがオンエアされる前に行きました(笑)。路地裏で、なかなか見つけにくい場所にあるのですが、以前ステージでファンの皆さんに紹介したら、行かれた方がいて、握手会の時に「マスターがまた来てほしい、なんで来てくれないのかなって言っていましたよ」と聞いて、それで昨日行きました。でも、サインをあげたのに、なんのサービスもしてくれませんでした(笑)。本当においしいお店です。あんなお店が韓国にもあってほしいです。
 

「握手会で見えるファンの皆さんの気持ちがうれしくて…」

――握手会の話が出ましたが、握手会なのに、ファンとたくさん会話をしているようですね。

ソン・シギョン:僕はアイドルではないので「CD1枚でハイタッチ~」みたいにやるのは違うなと思うんです。握手会が長いと僕も疲れますが、並んでいるファンも長い時間待たないといけないから疲れますよね。でも、韓国語を覚えてきて「シギョンシ~、シムニョンカン キダリョッソヨ~(シギョンさん、10年間待っていました)」、「チョンマル コンサート キデハゴイッソヨ(本当にコンサート期待しています)」と一生懸命に話してくれるのを見たら、その気持ちがうれしくて、やめることはできないですよね。日本語で話してくれても大丈夫なのですが……(笑)。90歳の方もいらして「ずっと好きでした」って言ってくださるんですよ。1人20~30秒としても400人にもなると、待つほうも大変ですが、そういう握手会はなかなかないでしょう? 時々もじもじして時間が経ってしまう方もいるから「大きな声で自信を持って言ってください」と話したら、みんな自信を持ってしまって、余計に握手会の時間が長くなりました(笑)。

――12月には横浜と大阪でコンサートを控えていますが、どんな内容になる予定ですか?

ソン・シギョン:1曲、1曲の選曲が大切だと思っています。全体的な流れやイメージを重要視する人もいますが、僕は曲ですね。日本では新人だからまだ曲が少なくて、前回のアルバム「DRAMA」の曲と今回の曲を合わせても足りません。そこに韓国のヒット曲「みちで~on the road~」「二人」「永遠に」、デビュー曲の「僕に来る道」も欠かせませんが、それでもまだオリジナル曲が足りないです。だからどんな曲を今回カバーするのかも考えています。いつか歌いたいと思っている曲、冬だから冬に似合う曲とか……。そしてバラードだけではつまらないからダンスタイムもいつもやるのですが、踊れるから踊るわけではなく、来てくれた方々を楽しませるためのイベントみたいなものですので、頑張って練習して一緒に楽しめる時間も作りたいと思います。
 

「アルバムは僕にはプレゼントみたいなもの」

――LINE LIVEで行っているレギュラー番組の「見えるラジオ」は、シギョンさんの普段の姿やトークが見られて嬉しいとの感想がたくさん届いています。印象的なエピソードは?

ソン・シギョン:料理を大失敗したことですね。バカな姿をお見せしてしまいました。

――料理と言えば、韓国のバラエティ番組「バトルトリップ」で、ご自宅のキッチンを公開されていましたね。

ソン・シギョン:前に住んでいたところの家賃が値上がりしたので、3年前に引っ越しをしたんです。本当は買いたかったのですが、とんでもない価格でした。プライベートの庭があって、とても住み心地がいいので、あと2年位したら買いたいと思っているのですが、稼がなくてはいけないのに、日本でこうしてわざわざ苦労をしています(笑)。

――最後に読者にメッセージをお願いします。

ソン・シギョン:アルバムを出すときは、いつもドキドキします。アルバムは僕にはプレゼントみたいなものですので、皆さんにもプレゼントみたいに感じていただければうれしいです。プレゼントは開けるまでがドキドキするし、あげるほうも喜んでくれるかなと考えてときめくじゃないですか。今はまだそのプレゼントが皆さんの元に届いていないので、僕は今一番ハッピーな状態です。開ける日まで頑張ってプロモーションもしますので、楽しみにしてください。皆さんのTwitterのコメントも毎日読んでいますよ!

ライター:安部裕子 / 撮影:kimJu

■リリース情報
日本ニューアルバム「君がいるよ」
2018年11月21日(水)発売

【初回盤】CD+40P豪華フォトブック VIZL-1470<税抜4,000円+税>
【初回盤】CD+スペシャルDVD VIZL-1471<税抜4,000円+税>
*DVD ◆Sung Si Kyung Special DVD◆
「幸せならそばにある」Music Video/Making of Music Video/Making of CD Jacket/Launch Event for New Songs/Fan Meeting Rehearsal
【通常盤】CD VICL-65076<税抜3,000円+税>

【ニューアルバム「君がいるよ」発売記念インストアイベント】
11月21日(水)リリースのニューアルバム「君がいるよ」の発売を記念したインストアイベントを下記会場にて行います。お近くの会場の詳細、注意事項をお読みいただき是非お越しください。

※インストアイベントに関する詳細は、当HPまたはオフィシャルサイトをご確認下さい。
※イベント当日、会場にてソン・シギョンのニューアルバム「きみがいるよ」ご購入の方に、ミニライヴ終演後に実施する握手会にご参加いただける参加券をお渡し致します。

<会場&日程>
11月21日(水)①15:00~ ②18:00~
福岡県 イオンモール福岡伊都店 1F セントラルコート
11年23日(金)①12:00~ ②17:30~
愛知県 エアポートウォーク名古屋 3F イベントステージ
11月24日(土)①13:00~ ②16:00~
大阪府 イオンモール鶴見緑地 3F サンシャインコート
11月25日(日)①13:00~ ②16:00~
神奈川県 ノースポート・モール 2F センターコート
11月26日(月)18:30~
東京都 タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO

※タワーレコード渋谷店のみ、ご予約者優先でタワーレコード渋谷店にて、ニューアルバム「君がいるよ」(VIZL-1470/ VIZL-1471/ VICL-65076)をどれでも1枚ご購入いただいたお客様に、先着で「イベント参加引換券」と「握手会参加券」を配布いたします。「イベント参加引換券」をお持ちの方は、イベント当日に「イベント参加引換券」と「ミニライヴ観覧券(整理番号つき)」と交換いたします。

■関連サイト
SUNG SI KYUNG Japan Official Web Site:http://sungsikyung.jp/

記者 : Kstyle編集部