全員日本人!YG新グループ最後の候補…「YG宝石箱」イケメンだらけのJ組7人を公開(動画あり)

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT

「YG宝石箱」最後の“J組”7人の練習生たちが公開され、宝石箱のメンバー29人が全員ベールを脱いだ。

YG ENTERTAINMENTは本日(8日)午前11時、公式ブログをはじめNAVERのライブ配信アプリ「V LIVE」を通じて、「YG宝石箱」最後の7人の練習生を公開した。

先駆けて公開されたA、B、C組との違いは、この日に公開されたJ組の練習生たちはすべて日本人で構成された点だ。YGの日本支社である「YG JAPAN」に所属する練習生たちだ。

YG JAPANの“J”にちなんだ今回のJ組は、初サバイバル挑戦というKEITAをはじめに、HARUTO、YOSHINORI、ASAHI、MAHIRO、MASHIHO、KOTAROまで、7人の練習生で構成された。

彼らは、それぞれの個性が表れる自己紹介と共に、パフォーマンス映像を通じて魅力と実力をアピールした。今回の組は、YGが「ルックスも見る」と宣言しただけに、史上最高のビジュアルと雰囲気が際立っている。先立って公開された実力派練習生に比べても劣らない華やかなパフォーマンスを披露した。

YG ENTERTAINMENTは、5日から4日に渡って「YG宝石箱」の練習生29人全員を公開し、ファンから高い支持を得ている。また、9日には29日すべての練習生の「V LIVE」個別チャンネルがオープンし、本放送では見られない様々な映像が次々とアップロードされる予定だ。

本番が始まる前から話題を呼んでいる「YG宝石箱」は、16日の初放送を皮切りに、激しいサバイバル競争が繰り広げられる。

YG Treasure J#1 KEITA

前向きな性格を持っているというKEITAは「初サバイバル挑戦だ。絶対に負けてはならないと思う。ポジティブなパワーを見せるアーティストになりたい」と伝えた。特に、KEITAは自ら最大の長所として“綺麗なお尻”を挙げ、笑いを誘った。

KEITAはパフォーマンス映像を通じてパク・ジェボム、Simon D、LOCO、GRAYの「Upside Down」に合わせて、自身だけのラップとボーカルの実力をアピールした。インタビュー映像とは異なる男らしい表情と共に、流暢な韓国語を披露し多方面で高い完成度を見せた。




YG Treasure J#2 HARUTO

YG Treasure A#1のチェ・ヒョンソクがイケメンだと評価するHARUTOは「でも僕がもっとイケメンです」とし、ルックスに自信を表した。また、彼は「長い脚と目が僕の魅力だ。今どきのスタイルのカッコいいラッパーになりたい。20歳前のデビューを目指している」と意気込みを表した。

パフォーマンス映像でHARUTOは、リッチ・ブライアンの楽曲である「History」を自身のスタイルで再解釈し、素晴らしいラップ実力と流麗なフローを見せた。




YG Treasure J#3 YOSHINORI

韓国の音楽が好きで、中学校3年の時にYG JAPANのオーディションを受けたというYOSHINORIは「ラッパーは、歌詞にパワーを表現していてカッコいい。僕も人々に力を与えるラッパーになりたい。僕はやろうと思えば最後までやる性格だ」と堂々とした抱負を表した。

YOSHINORIはパフォーマンス映像を通じて、Block B ジコの「FANXY CHILD」を歌いながら、韓国語の実力と素晴らしいラップの実力で驚きを与えた。




YG Treasure J#4 ASAHI

中学生の時から独学で作曲を勉強しているというASAHIは「自分で作った楽曲で、多くの人々に感動を与える歌手になりたい」と、デビューへの意志を表した。また、ASAHIは1番好きな韓国語として「芸術作品」を選んだ。理由として、彼はこれから芸術作品をたくさん作りたいためだとし、アーティスト的な一面を表した。

続いた映像でASAHIは、サム・スミスの「Lay Me Down」を熱唱して、甘い歌声を披露した。




YG Treasure J#5 MAHIRO

「褐色の目が魅力」だというMAHIROは「小学生の時にBIGBANGのコンサートを観て、あのようなステージに立ちたかった。何でも上手なYGのNo.1になりたい」とし、強い印象を残した。

続いたパフォーマンス映像でMAHIROは、ワン・ダイレクションの「Dragu Me Down」を歌い、魅力的ながらもパワフルな歌唱力をアピールした。




YG Treasure J#6 MASHIHO

流暢な韓国語を披露したMASHIHOは、自分が考える自分のビジュアルという質問に「可愛いと思います」としながらも「違う?」と反問し、撮影現場の雰囲気を盛り上げた。また「楽しさを与える歌手になりたい。必ずYGでデビューしたい」と意欲を表した。

MASHIHOはパフォーマンス映像を通じて、韓国でも広く知られているジェイソン・デルーロの「Want To Want Me」を自身のカラーで歌った。




YG Treasure J#7 KOTARO

KOTAROは「友だちが僕を“センシティブ・ボス”と呼ぶけれど、全然違う。普段は優しいほうだが、たまにカッとなる時がある」とし、自他共に“センシティブ・ボス”であることを認め、撮影現場を爆笑に巻き込んだ。KOTAROは「ステージに立っているだけでも歓声が上がる、そんな歌手になりたい」と挑戦状を叩きつけた。

続いたパフォーマンス映像でKOTAROはWhy Don't Weの「8 Letters」を歌いながら、切ない眼差しや上品な美声をアピールした。



「YG宝石箱」はBIGBANG、WINNER、iKONに続き、YGが4年ぶりに披露するボーイズグループを選抜するプロジェクトの過程を描くサバイバル番組で、「練習生29人のうち、5人選抜を予想している」というヤン代表の言葉通り、これまで以上に激しい競争が予告された。従来のデビューサバイバル番組とは異なり、22年間培ってきたYGの実際の音楽制作ノウハウと内部システムを詳細に披露し、彼らが誕生する過程をそのまま放送する計画だ。

「YG宝石箱」は全10話で構成され、16日午後10時にV LIVEで先行公開され、午前0時にJTBC2とYouTubeを通じて同時公開される。

「YG宝石箱」パン・イェダムを含むA組7人の練習生を公開…才能溢れる自己PR映像が話題

「YG宝石箱」ワン・グノからユン・ジェヒョクまで…美少年揃いのB組の8人を公開(動画あり)

「YG宝石箱」K-POPスター6出身キム・ジョンソプからラップ・ボーカルの天才まで…最年少のC組7人を公開(動画あり)

記者 : チョン・ジウォン