防弾少年団「2018 MGA」で11冠の快挙“ファンに栄光を捧げたい”

OSEN |

写真=放送画面キャプチャー
防弾少年団が「2018 MGA」で男性グループ賞を受賞し、感想を述べた。

防弾少年団は6日午後7時から仁川(インチョン)南洞(ナムドン)体育館で行われた「2018 MGA(MBC Plus X genie music AWARDS)」で男性グループ賞を受賞した。彼らはこの他にも、2つの大賞(今年の歌手・今年のデジタルアルバム)を含め男性ダンス賞、genie music人気賞、ベスト振付賞、ベスト制作者賞に続き、アイドルチャンプグローバル人気賞、ベストミュージックビデオ賞、ベストスタイル賞にベストファンダム(特定ファンの集まり)賞まで、11冠王を獲得する勢いを見せた。

防弾少年団のRMは「アイゴー(感動詞)、ARMY(防弾少年団のファン)の皆さん、人気賞をくださって幸せだったけれど、男性グループ賞は僕たちにとって意味がある。僕たちの名前が防弾少年団じゃないか。レッドカーペットでも寒いのに僕たちをいつも待ってくださってありがたい。栄光を捧げたい」と感想を伝えた。

また、ジンも「いつも裏でサポートしてくれる事務所の皆さんにも本当に感謝している。皆さん、愛してます」と付け加えた。

防弾少年団は相次いでステージに上がった。今年の制作者賞を受賞したパン・シヒョク代表の代理でもステージに立った。RMはパン・シヒョク代表から頼まれた感想だとして、「全世界からたくさんの応援を送ってくれたファンたち、防弾少年団、Big Hitエンターテインメントの家族のおかげでこの賞をもらうようになった。感謝する気持ちを忘れない」と伝えた。

記者 : ソン・ミギョン