「YG宝石箱」K-POPスター6出身キム・ジョンソプからラップ・ボーカルの天才まで…最年少のC組7人を公開(動画あり)

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT

幼い年齢にもかかわらず、素晴らしい実力を備えた「YG宝石箱」のC組トレジャーが人々の前にお披露目する。

YG ENTERTAINMENTは本日(7日)午前11時、公式ブログをはじめ、V LIVEとYouTubeチャンネルを通じて「YG宝石箱」29人のトレジャーのうち、C組7人の練習生を公開した。

A組とB組に続き、この日に公開されたC組は全員14~15歳で、YGの練習生の中で最年少の年齢層で構成された。C組には幼い年齢にもかかわらず、その可能性を認められた実力派練習生たちが揃っている。年齢差のあるA組とB組に比べても負けないボーカルやラップ、ダンスで目と耳を一気に魅了した。

特に、C組にはボーカルとラップでそれぞれ頭角を現しているパク・ジョンウとチョン・ジュニョクが含まれ、パフォーマンス映像を通じて圧倒的な実力を証明した。また「K-POPスター6」出身のキム・ジョンソプはラップとダンスを相次いで披露し、これまでの成長を見せた。

YG ENTERTAINMENTは5日から明日まで4日に渡って、宝石箱の練習生29人全員を公開して話題を呼んでいる。

「YG宝石箱」のトレジャーたちがすべて公開された後、16日から「YG宝石箱」の放送がスタートする予定だ。

YG Treasure C#1 パク・ジョンウ

15歳のパク・ジョンウは「塾に入って2日でオーディションを受けて合格した。YGはご飯が本当に美味しいし、練習環境がすごくいい」と満足感を表した。また、自身の強みとしてパワフルな高音を挙げ「感動を与えられるように一生懸命に頑張ります」と挨拶した。

続いたパフォーマンス映像で、パク・ジョンウはブルーノ・マーズの「When I Was Your Man」を自身だけのソウルたっぷりの歌声でこなし、驚きを与えた。




YG Treasure C#2 イ・インホン

15歳であるイ・インホンは飛び抜けた魅力を披露して「ステージでだけは普段の自分とは異なる姿を披露したい。ダンスや歌以外のことをやれば楽しくないと思って歌手を夢みるようになった」と堂々と話した。

イ・インホンはアコースティックギターの伴奏に合わせて、オースティン・マホーンの「Shadow」を歌いながら魔性の魅力をアピールした。




YG Treasure C#3 チョン・ジュニョク

「14歳のラッパーチョン・ジュニョクだ」と紹介したチョン・ジュニョクは、ラップを始めたきっかけとしてエミネムを挙げた。彼は「ラジオでエミネムが出て『ラップってすごいものなんだ』と思った。世界的に有名なアーティストになりたい」とえくぼのある笑顔を見せた。

チョン・ジュニョクは80秒ほどのパフォーマンス映像で圧倒的なラップで驚きを与えた。チョン・ジュニョクはロジックの「44more」と自作ラップを通じて、自身だけのアイデンティティがはっきりと表れる声で流麗なフローを表現した。




YG Treasure C#4 ソ・ジョンファン

はにかむような笑顔で挨拶したソ・ジョンファンは「普段は明るくて朗らかな性格だ」と紹介した。彼は永同(ヨンドン)桃広告を撮った履歴を明かし、美味しそうな桃のモクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)を披露した。また「努力で成功した歌手になりたい」と伝えた。

ソ・ジョンファンはエド・シーランの「Supermarket Flowers」を自身だけのカラーでこなし、感性あふれる眼差しを見せた。




YG Treasure C#5 ユン・シユン

14歳のユン・シユンは「ダンスに1番自信がある。なるべくパワフルなダンスを披露して、記憶に残るアイドルになりたい。子供の頃に『群島:民乱の時代』という映画を撮影したけれど、チョン・ドゥホン監督に習いたい。武術も上手でダンスも上手で歌も上手な万能エンターテイナーになりたい」と願いを表した。

ユン・シユンはショーン・メンデスの「There's Nothing Holdin' Me Back」に合わせてキレキレのダンスでカリスマ性をアピールした。




YG Treasure C#6 キム・ジョンソプ

特有のスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意)をアピールしながら登場したキム・ジョンソプは、「『K-POPスター』以来、2度目のサバイバル番組であり、見ている人も楽しいし、やっている自分も楽しみたい。デビューを目標にして、もっと大きいステージにもう一度立ちたい」と抱負を表した。

キム・ジョンソプはウィズ・カリファの「See You Again」に合わせて自身のラップとボーカルの実力をアピールした。また、クリストファーの「Bad」に合わせてダンスパフォーマンスも相次いで披露し、多方面で高い完成度を備えた。




YG Treasure C#7 キム・ヨンギュ

かわいく純粋な笑顔で挨拶したキム・ヨンギュは「普段丸っこい眼鏡をかけているが、愛らしい姿で愛を届けられる歌手になりたい。ハリーポッターに似ているとよく言われる」とし、特有のキュートな笑顔で注目を集めた。

彼はパフォーマンス映像でDynamic DuoのGAEKOとZion.Tが歌ったPrimaryの「See Through」を愉快な魅力で歌った。



「YG宝石箱」はBIGBANG、WINNER、iKONに続き、YGが4年ぶりに披露するボーイズグループを選抜するプロジェクトの過程を描くサバイバル番組で、「練習生29人のうち、5人選抜を予想している」というヤン代表の言葉通り、いつもより激しい競争が予告された。従来のデビューサバイバル番組とは異なり、22年間培ってきたYGの実際の音楽制作ノウハウと内部システムを詳細に披露し、彼らが誕生する過程をそのまま放送する計画だ。

「YG宝石箱」は全10話で構成され、16日午後10時にV LIVEで先行公開され、午前0時にJTBC2とYouTubeを通じて同時公開される。

記者 : キム・ウネ