イ・ジョンソク&シン・ヘソンが描く悲劇の愛…「死の賛美」ポスターを公開

MYDAILY |

写真=SBS
SBS特集ドラマ「死の賛美」(脚本:チョ・スジン、演出:パク・スジン)のポスターが公開された。

韓国で11月27日に初放送される「死の賛美」は、朝鮮初のソプラノ歌手ユン・シムドク(シン・ヘソン)と彼女の恋人である天才劇作家キム・ウジン(イ・ジョンソク)のエピソードを描いた作品だ。1991年の映画「死の賛美」とは異なり、劇作家キム・ウジンとソプラノ歌手ユン・シムドクの悲劇的な愛と共に、今まで公開されなかったキム・ウジンの作品の世界について扱うと知られ、話題を集めている。

俳優イ・ジョンソク、シン・ヘソンの華やかなキャスティングと、ドラマ「ドクターズ」「浪漫ドクターキム・サブ」「あなたが眠っている間に」を共同演出したパク・スジンプロデューサーのデビュー作として話題を集めている中、2種類のポスターが公開されて関心を集中させる。

一番目のポスターは、お互いに違うところを見つめている二人の主人公イ・ジョンソクとシン・ヘソンの姿が盛り込まれている。純粋さと浪漫、苦痛とかなしみを盛り込んでいるような二人の眼差しと、その間に書かれている「人生の最後に歌った最後の歌 死の賛美」というキャッチコピーは、強烈で胸を痛める感じを与える。

また二番目のポスターは、二人の主人公の哀切さをより表面的に表現して、視線を引き付ける。暗い中、イ・ジョンソクを静かに抱きしめているシン・ヘソン、目をつぶったままもっぱら相手を心に収める二人の姿が劇中、二人の主人公の悲劇的だが眩しいほど美しい愛を予感させる。

「死の賛美」は11月27日と12月3日、12月4日の三日間にわたってそれぞれ午後10時に放送され、12月10日にはSBS新月火ドラマ「ボクスが帰ってきた」が初放送される。

記者 : イ・イェウン