DREAM NOTE、デビューアルバムのタイトル曲はEXO-CBX&TWICEらの作曲家が制作

OSEN |

写真=iMe KOREA
8人組の新人ガールズグループDREAM NOTEがヒット曲を作った有名作曲家と一緒にタイトル曲「DREAM NOTE」で音楽界へデビューを宣言した。

1日、所属事務所であるiMe KOREAは「作曲家David AmberがDREAM NOTE(ユアイ、ボニ、ララ、ミソ、スミン、ウンジョ、ハビン、ハンビョル)のデビュー曲『DREAM NOTE』の作曲に参加した」と明かした。

David AmberはTWICEの「Heart Shaker」をはじめ、GFRIENDの「Love Bug」、fromise_9の「LOVE BOMB」、NCT DREAMの「La La Love」、EXO-CBXの「Ringa-Ringa-Ring」などの楽曲を作った。

トレンディで惹きつける力が強く、クセになる楽曲を作ってきたDavid Amberであるだけに、DREAM NOTEのデビュー曲への関心も高まっている。

写真=iMe KOREA
DREAM NOTEは31日午後6時、公式SNSを通じてデビューアルバム「DREAM LIKE」プレビューイメージを披露した。

同イメージは「DREAM LIKE」のアルバムの実物を撮影した写真で、団体および個人のイメージ、トラックリストなど、アルバムの構成を紹介している。花束のように華やかでカラフルなアルバム構成と少女らしい魅力が感じられるカバーイメージが印象的だ。

DREAM NOTEの力強いスタートを知らせるデビューアルバム「DREAM LIKE」は今月7日午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開される。

記者 : チェ・ナヨン