Wanna One ファン・ミンヒョンからペ・ジニョンまで、ニューアルバム「1¹¹=1(POWER OF DESTINY)」6人の個人予告イメージ公開

MYDAILY |

写真=SWINGエンターテインメント
ボーイズグループWanna Oneの個人予告イメージがベールを脱いだ。

Wanna Oneは10月31日から公式SNSを通じて、19日にリリースされる1stフルアルバム「1¹¹=1(POWER OF DESTINY)」の個人予告イメージを公開している。

昨日(31日)公開された予告イメージでは、ファン・ミンヒョン(NU'EST ミンヒョン)、ハ・ソンウン(HOTSHOT ソンウン)、イ・デフィが星の光が降り注ぐ赤いトーンの宇宙を背景に空を見つめている。

また本日(1日)公開された予告イメージでは、ユン・ジソン、オン・ソンウ、ペ・ジニョンが緑のトーンの宇宙に、テープの始まりと終わりが一つに集められたカセットテープを背景に、それぞれの魅力が引き立つポーズを取っており、新たなビジュアルでWanna Oneのカムバックを予告した。

特に個人予告イメージは6人のメンバーたちの新しいビジュアルを垣間見ることができるのはもちろんのこと、各メンバーのナレーションが含まれており、単純な予告イメージを越えて甘美な声までプレゼントし、今回のカムバックに対する期待を引き上げた。

それに加えてWanna Oneは、3日までメンバーの個人予告イメージを順番に公開する予定で、まだベールを脱いでいないメンバーであるパク・ジフン、パク・ウジン、ライ・グァンリン、キム・ジェファン、カン・ダニエルがどんなビジュアルを披露するのか、関心が高まっている。

19日にリリースされる「1¹¹=1(POWER OF DESTINY)」は、ひとつとして一緒にいた君と僕が互いを恋しく思うことになってしまった運命(Destiny)が、その運命に対抗して闘い、再会してひとつになろうとするメンバーたちの意思(POWER)を表した、Wanna Oneの最初のフルアルバムである。

「1÷x=1」「0+1=1」「1-1=0」「1X1=1」などのシリーズを披露してきたWanna Oneは、今回のカムバックを通じて与えられた運命を切り開いていこうとするWanna Oneの意志を「1¹¹= 1」という式に形象化し、さらに成長した音楽性を刻印させるだろうと期待を集めている。

Wanna Oneは、6月に待望のワールドツアー「Wanna One World Tour-ONE:THE WORLD」を開催して、3ヶ月の間にわたり世界13都市でファンに会って、全世界をWanna Oneの「ゴールデンエイジ」で染め上げ、着実に今回の新しいアルバム準備にも拍車を加えて、19日にカムバックを決定した。

Wanna Oneはデビューアルバム「1X1=1(TO BE ONE)」、リパッケージアルバム「1-1=0(NOTHING WITHOUT YOU)」、2ndミニアルバム「0+1=1(I PROMISE YOU)」などを相次いで発売し、最高の人気を博した。加えて音楽配信チャート1位、音楽番組1位はもちろん、様々な年末授賞式で受賞し、存在感を示し、スペシャルアルバム「1÷x=1(UNDIVIDED)」では4チームのユニットを結成して、新しい魅力と成長の可能性も示した。

Wanna Oneの1stフルアルバム「1¹¹=1(POWER OF DESTINY)」は、19日にリリースされる。













※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。

記者 : ヨ・ドンウン