B1A4 ジニョン、秋のグラビア公開「ドラマ2本と映画撮影終了…仕事をしている時がより幸せ」

10asia |

写真=singles
雑誌「singles」が万能エンターテイナーB1A4 ジニョンのグラビアを最近公開した。

ジニョンは最近、俳優ジス、DIAのチェヨンと共にNetflixドラマ「初恋は初めてなので」の主演に抜擢された。ジニョンは「実際キャンパスで起こりそうな出来事を描いたドラマだ」と紹介した。

続いて「男友達と女友達、もう一人の男が登場する。3人の主人公が恋の駆け引きをする過程がもどかしくて面白い。恋愛をファンタジーではなく現実的に扱い、演技をしながらも楽しくなった」と語った。

ジニョンはパク・ソンウンと共に、来年1月に公開予定の映画「僕の中のあいつ」の撮影も終えた。ジニョンは「まだ編集本を見ていないが、ブラインド試写会で良い点数をもらって、大変期待している作品だ。驚くほど自分の分量が多い映画だ。映画を一人で引っ張っていった経験もなく、難しい役柄なのでとても悩んだ。40代の暴力団員と体が変わってしまうキャラクターなので、研究するためにパク・ソンウン先輩をよく観察した」と話した。

またソウル市と共に製作したドラマ「風鈴」の撮影も終えた。「まだ公開されていないだけで、出演作品が多い。今までずいぶん忙しく過ごしてきたことがすぐに分かるようになると思う。『風鈴』はソウル市と一緒に製作した作品だ。ソウルの良いところを歩き回りながら綺麗なものも沢山見た。デビュー後に観光地を巡る機会はなかったけれど、天気が良く、観光しながら楽しく撮影したようだった」と語った。

最近ジニョンは、ドラマ「100日の朗君様」のOSTに参加した。とても久しぶりに一人で歌を歌ってとても緊張したというジニョン。

彼は「違うジャンルの曲作業も続けている。まだ具体的な計画はないが、良い曲を作るために努力している。これからもやることがたくさんあるし、これから始めることもたくさんあるので、わくわくしている。仕事をしなければ遅れてしまい、休んでいる時よりも仕事をする時の方が幸せだ」と話し、作曲家としてのこれからについても語った。

ジニョンのグラビアとインタビューは、「singles」11月号とモバイルサイト(m.thesingle.co.kr)でも出会うことができる。

記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな