“日本デビュー”Dreamcatcher、プロモーション活動のため本日出国…活躍に期待

10asia |

写真=HappyFaceエンターテインメント
Dreamcatcherが新たな挑戦に乗り出す。

11月に日本で正式デビューを控えているDreamcatcherが、事前広報活動のために23日午前、金浦(キンポ)空港から日本に向かった。

所属会社HappyFaceエンターテインメントによると、Dreamcatcherは11月21日にデビューシングルを発表する。韓国で発売した3rdミニアルバム「Alone In The City」のタイトル曲「What」の日本語バージョンだ。

東京や大阪で公演やスペシャルイベントを準備し、日本メディアとのインタビューも行い関心を集める見通しだ。

Dreamcatcherはワールドツアーをはじめ、ニューアルバムを発表する度に日本でも良い反応を得てきた。正式デビュー後、どのような活躍を見せてくれるかが期待される理由だ。

HappyFaceエンターテインメントの関係者は「これまで正式デビュー前にもかかわらず、Dreamcatcherに関心を示し愛を送ってくれた日本のファンに感謝する。今回の機会を通じて現地のファンとより身近にコミュニケーションを取り、新たな韓流の主役になるよう最善を尽くしたい」と話した。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな