日韓合同フェス「Music and City Festival」東京公演が11月7日に延期へ

KSTYLE |

9月に東京で開催予定だった「Music and City Festival」の日程が、11月7日(水)に変更となった。

日韓合同フェス「Music and City Festival」のコンセプトは、Urban Music。「Urban K-POP」、「Urban J-POP」は、新しい音楽ジャンルを提案する。

プロデューサーは、早稲田大学院卒で国際関係学の博士号を持つ崔尹禎(チェ・ユンジョン)。インディーズ時代に、JUNIELやFTISLAND、CNBLUEを育てた崔尹禎が、韓国と日本で各ライブ会場に足を運び、自分の目と耳で確かめ、アーティストを厳選した。

韓国のアーティストは、K-POPに代表されるような韓国のアイドルではない。また、日本のアーティストは、J-POPに代弁される音楽とは違った魅力を持つアーティストだ。

日韓合同フェス「Music and City Festival」は、お互いの国のステレオタイプを払拭したいという意図もある。今後も都市というキーワードを基に、独自のキューレーションを展開していくという。これまでのK-POPやJ-POPにはない、都会的な、そして洗練されたミュージシャンによるライブだ。

■公演情報
日韓合同フェス「Music and City Festival」
日程:2018年11月7日(水)
17:30 開場 / 18:00 開演(21:30終了予定)
会場:Shibuya WOMB

<出演者>
★Urban J-POP
Sugar me、THREE1989、CSQUARED
★Urban K-POP
JUNIEL、Car,the garden(初来日)、WETTER(初来日)

<チケット情報>
AVD:¥4500
DOOR:¥5000(+1Drink¥600)

・チケットぴあ TEL:0570-02-9999(Pコード:124)-38
http://w.pia.jp/t/mcf-pr/
・ローソンチケット TEL:0570-084-003(Lコード:72104)
http://l-tike.com/music-and-city
・イープラス
http://eplus.jp/music-and-city-fes/

■関連サイト
オフィシャルHP:https://music-and-city.com

記者 : Kstyle編集部