韓国ホラー映画歴代2位を記録!大ヒット作「コンジアム」2019年3月23日より日本公開決定

KSTYLE |

(C) 2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED
2018年3月28日に韓国で封切られ、同日公開のスピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」を抑え、興行成績1位を獲得。公開15日間で観客動員数256万人を突破し、「箪笥」(03)に次ぐ韓国ホラー映画歴代2位を記録した大ヒット作「昆池岩(곤지암)」が、邦題「コンジアム」として2019年3月23日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーが決定。併せてティザービジュアルも解禁となった。

舞台は、ウクライナのチェルノブイリ遊園地、チェコのセドレツ納骨堂、日本の青木ヶ原樹海、トーゴのアコデセワのブードゥー崇拝市場、メキシコのソチミルコの人形島、日本の軍艦島と共に2012年CNNが選定する世界7大心霊スポットに選出された実在の廃病院「昆池岩(コンジアム)精神病院」。極度の恐怖体験から観客が<言行不一致>レビューを書き込み、「#コンジアム全然怖くない」というハッシュタグがSNSで拡散されるほど盛り上がり、日本でもロングラン・ヒットを記録した「新感染 ファイナル・エクスプレス」に続く、ネクスト・コリアンホラーに新しい歴史を刻んだ超話題作となっている。

本作は、入院患者の集団自殺や病院長の行方不明事件などで閉鎖が決まり、長い間人の出入りがなかった精神科病院に、心霊体験のため訪れた7人の若者が奇妙な事件に巻き込まれるというストーリー。主人公を務めたイ・ユンウスは、韓国で大ヒットスタートを切った直後に俳優活動を休止すると発表するなど、その恐怖は映画という枠を超え、韓国全土を震撼させ社会現象ともなった。革新的なスタイルで、既存のホラー映画とは全く違う“恐怖体験映画”がいよいよ日本上陸となる。

■公開情報
「コンジアム」
2019年3月23日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

監督:チョン・ボムシク「奇談」「怖い話」
出演:イ・スンウク、ウィ・ハジュン「黄金色の私の人生」、パク・ジヒョン「必ず捕まえる」、パク・ソンフン「六龍が飛ぶ」、オ・アヨン、ムン・イェウォン
2018年/韓国/韓国語/94分
原題:昆池岩(곤지암)
配給:ブロードウェイ

<ストーリー>
入院患者の集団自殺や病院長の行方不明事件などで閉鎖が決まり、長い間人の出入りがなかった精神科病院に、心霊体験のため訪れた7人の若者が奇妙な事件に巻き込まれる……。

■関連サイト
公式サイト:https://gonjiam.net-broadway.com/

記者 : Kstyle編集部