“冷めない人気”防弾少年団、10月のアイドルグループブランド評判で再び1位を獲得!

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
防弾少年団がボーイズグループブランド評判で、再び1位の座を守った。

韓国企業評判研究所は先月12日から10月13日まで100のアイドルグループのブランドビッグデータを抽出し、アイドルグループ100大ブランドに対する消費者たちの参与指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数で測定し、ブランド評判指数を分析した。

ブランド評判指数は消費者たちのオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすということに目をつけ、ビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。アイドルグループの評判分析を通じてブランドに対するポジティブ・ネガティブ評価、メディア関心度、消費者たちの関心とコミュニケーション量を測定することができる。

測定の結果、防弾少年団が1位を獲得した。

防弾少年団は参加指数2,115,704、メディア指数2,909,056、コミュニケーション指数4,400,023、コミュニティ指数2,883,631、ブランド評判指数12,308,414を獲得した。しかし、9月のブランド評判指数25,090,251に比べると50.94%下落しているという。

防弾少年団に続きWanna One、EXO、iKON、NCTがそれぞれ2位から5位までを記録した。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「防弾少年団のブランドはリンク分析で『幸せだ』『愛してる』『ありがとう』が高く、キーワード分析では『公演』『ロンドン』『UN』が高かった。ポジティブ・ネガティブ比率分析ではポジティブ比率が79.10%を記録した。防弾少年団のブランド細部分析ではブランド消費が62.58%下落、ブランドイッシュは47.42%下落、ブランド拡散は63.25%下落した」と伝えた。

防弾少年団、9月のアイドルグループブランド評判で1位に!歌手&ボーイズグループと“3冠”達成

記者 : チョ・ヘリョン