新ドラマ「死んでもいい」カン・ジファン、史上最強の悪徳上司に…意地悪なオーラ漂うスチールカット公開

TVREPORT |

写真=ワイピープルENT、Production H
ドラマ「死んでもいい」で最強の悪徳上司のペク・ジンサンに大胆変身した俳優カン・ジファンの初スチールが公開された。

KBS新水木ドラマ「死んでもいい」は傍若無人なペク・ジンサンチーム長(カン・ジファン)と彼を変えようとするイ・ルダ代理(ペク・ジニ)のハプニング満載オフィス激戦記を描く。同名のDaum人気ウェブ漫画に最近の現実を愉快に反映させた、下半期に注目を集める作品になっている。

そんな中、意地悪なチーム長ペク・ジンサンに扮するカン・ジファンのビジュアルは、きっちりと分けられたヘアスタイルとネクタイ、スーツ姿で視線を集めている。さらに鋭利で神経質な眼差しが加わり、原理原則主義者のキャラクターにぴったりのカン・ジファンだけの独歩的な雰囲気を完成させている。

部下に向け、今にも厳しい言葉を投げ出しそうな鋭い表情も関心を集める。果たして彼は、今回のキャラクターを通してどのような存在感を見せるか、「死んでもいい」で披露する彼の大胆な変身に関心が集まる。

この写真だけでもチーム員を圧倒するペク・ジンサンの尋常じゃない気運が感じられる。“キツイ言葉のワントップ”“全員けなし一人者”など、どんな修飾語もマッチするペク・ジンサンのキャラクターの登場はもちろん、カン・ジファンの老練な表現力としっかりとした演技が、作品に対する期待を高めると見られる。

面白さと共感をあわせ持ったKBSを代表するオフィスものの系譜を継ぐドラマ「死んでもいい」は、「キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~」のプロデューサーで、「町の弁護士チョ・ドゥルホ」の共同演出を手がけたイ・ウンジン監督が演出を担当し、カン・ジファン、ペク・ジニ、5urpriseのコンミョン(カン・ジュノ役)、パク・ソルミ(ユ・シベク役)、リュ・ヒョンギョン(チェ・ミンジュ役)などしっかりとした演技力を持つ俳優たちがそれぞれ会社内の個性あるキャラクターを熱演する計画だ。

特に韓国の会社員なら誰もが共感できる“殺したいほど”避けたい意地悪な上司更生とスペクタクルな会社生存記が主なストーリーであるため、爆発的な関心と応援が予想される。

このように“歴代クラスの上司”カン・ジファンのがむしゃらな活躍で全国の会社員たちを大統合させる「死んでもいい」は、「今日の探偵」の後番組として放送される予定だ。

記者 : イ・ウイン