April、6thミニアルバム「the Ruby」ハイライトメドレーを公開“堂々とした女性”

OSEN |

写真=DSPメディア
April(チェギョン、チェウォン、ナウン、イェナ、レイチェル、ジンソル)が“愛”に堂々とした女性に変身した。

所属事務所のDSPメディアは12日午前0時、公式SNSチャンネルを通じて6thミニアルバム「the Ruby」のハイライトメドレー映像を公開した。

約1分30秒の映像には、「the Ruby」に収録された音源のハイライトとメンバーらのハツラツとした魅力が感じられるイメージが盛り込まれており、ファンの注目を浴びた。

愛のトキメキを歌った1曲目「Oh-e-Oh」をはじめ、2曲目はタイトル曲である「きれいなのが罪」では愛についての唐突な好奇心と共に自信を表現した。そして3曲目「話」と4曲目「Love Clock」もAprilが話し手になり、愛についての感情をAprilだけの感性で歌った。

6thミニアルバム「the Ruby」はAprilが“愛”を見る観点で差別化を図った。前作では誰かの幸せになりたいという希望を歌ったが、「the Ruby」では堂々とした女性の自信を表現した。

先日公開された予告イメージを通じてファンの期待を高めたApril。「the Ruby」はより一層成熟した“愛”を歌うAprilの変化が込められている。そして音楽のみならず、ビジュアルもグレードアップし、この次はどんな姿を見せてくれるのか、好奇心を刺激した。

Aprilは16日午後6時、6thミニアルバム「the Ruby」を発売し、精力的に活動する予定だ。

記者 : チョン・ジウォン