防弾少年団「アメリカン・ミュージック・アワード」でアリアナらを抑え受賞!“韓国グループ初”

TVREPORT |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が韓国出身グループとしては初めて「アメリカン・ミュージック・アワード(2018 American Music Awards)」(以下「AMAs」)で受賞する栄誉を手にした。

9日(現地時間)、防弾少年団は米カリフォルニア州ロサンゼルス・マイクロソフト会場(Microsoft Theater)にて開かれた「AMAs」授賞式で「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト(Favorite Social Artist)」賞を受賞した。

「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト」は今年新設された部門であり、防弾少年団、アリアナ・グランデ、デミ・ロヴァート、ショーン・メンデス、カーディ・Bらが候補だった。防弾少年団がそうそうたる候補を抑えてトロフィーを手にした。

韓国出身アーティストの中では防弾少年団の他にPSYが「江南(カンナム)スタイル」で2012年に開催された「AMAs」のニュー・メディア賞を受賞したことがある。

同日、防弾少年団はヨーロッパツアーのため授賞式に参加できなかった。

イギリス・ロンドンに到着した防弾少年団は「AMAs」でビデオメッセージを通じて「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト賞を受賞することになって、本当にありがたく嬉しい。現在北米ツアーを終え、ヨーロッパツアーでロンドンにいるので、参加できなくて残念だ」と感想を伝えた。

記者 : パク・グィイム