TWICE、日本アリーナツアーでファンと一つに!大盛況の初日公演…2日目は台風で中止に

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
TWICEが日本初アリーナツアーのスタートを告げて、ファンにTWICEならではの爽やかで若々しい魅力をアピールした。

9月12日、日本初フルアルバム「BDZ」をリリースして人気を博しているTWICEは、9月29日に千葉幕張メッセイベントホールにて「TWICE 1st ARENA TOUR 2018 “BDZ”」のスタートを告げた。

チケット発売当日、アリーナツアーの全公演が完売となるほど、ファンの期待を集めただけに、会場は熱く盛り上がり、TWICEのメンバーたちも最高のパフォーマンスを披露してファンに楽しさを与えた。50万枚の売上を突破した3rdシングル「Wake Me Up」を皮切りに、この日の公演でTWICEは「One More Time」「Candy Pop」などヒット曲パレードはもちろん、1stフルアルバムのタイトル曲「BDZ」と収録曲を披露し、ファンに忘れられない思い出をプレゼントした。

特に、「BDZ」のステージでは観客たちが一緒に歌って踊りながら、ステージの上のTWICEと1つになる珍しい風景を演出した。パク・ジニョンが作詞・作曲した「BDZ」は“ブルドーザー”の略で、目の前の大きな壁もブルドーザーのように壊しながら、前へ前へと進んでいこうという意味を込めた。パク・ジニョンは「『BDZ』は、ONCE(TWICEのファン)とTWICEが一緒に歌える応援ソングを作りたくて誕生した楽曲だ」という紹介と共に「ONCEの方々はデュエット曲だと思って、一緒に楽しく歌ってほしい」と伝え、実際に公演でTWICEと観客が「BDZ」で1つになるシーンが演出された。

TWICEはファンに「TWICEの初のアリーナツアーであるだけに本当にたくさん準備した。こんなにたくさんのONCEの方々にお会いできて本当に嬉しい。私たちを見るために来ていただいたONCEにもっと多くの喜びや楽しさを届けたい」と感謝の気持ちを伝えた。

また、TWICEは9月30日に千葉で予定されていたアリーナツアーの2日目の公演は、24号台風の影響で中止を決定した。JYPエンターテインメントは、TWICEの日本オフィシャルサイトを通じて「台風24号の接近・本州上陸の影響による公共交通機関の乱れ、お客様の安全を第一に考え、誠に残念ではございますが開催中止とさせていただきます。対象公演のチケットをお持ちの方には、払い戻しの対応をさせていただきます」と明らかにした。

千葉公演を終えたTWICEは10月2日と3日、愛知・日本ガイシホール、12日~14日に兵庫・神戸ワールド記念ホール、16日と17日に東京・ むさしの村総合スポーツプラザメインアリーナでアリーナツアーを続けていく。

TWICEはアルバム「BDZ」でオリコンウィークリーアルバムランキング1位、オリコンデイリーアルバムランキングでも発売して1週間連続1位をキープし、9月19日に発表されたビルボード・ジャパンの「Hot Albums」「Download Albums」「Top Albums Sales」部門3冠を獲得した。また、9月29日基準オリコンデイリーアルバムラインキングでは“逆走”して再び1位を獲得する底力を証明した。

そのほかにタイトル曲「BDZ」は、「Wake Me Up」に続きLINE MUSICのウィークリーランキングでも1位を獲得し、「パク・ジニョンX TWICE」の組み合わせの成功を知らせた。

記者 : チョン・ジウォン