防弾少年団 RM、国連本部での演説の感想を明かす「ARMYがいなかったから…」

OSEN |

防弾少年団のリーダーRMが、国連本部で演説した感想を述べた。

RMは28日(以下、現地時間)、アメリカ・ニューアークで開かれたワールドツアー「LOVE YOURSELF」公演で、「国連本部で本当に緊張した」と明らかにした。

防弾少年団は先週24日、ニューヨーク国連本部の信託統治理事会の会議場(Trusteeship Council Chamber)で開かれた国連児童基金(UNICEF)の青年アジェンダ“Generation unlimited”の行事に出席した。

防弾少年団は、異例的にUN総会で演説をして“グローバルアイドル”のレベルを立証した。同日、RMは防弾少年団のメンバーたちを代表して「もう一歩進んで、今、全世界の若い世代が自分を愛していると堂々と話し、自分の声を発していこう(Speak yourself)」「国家、人種、性アイデンティティなどに関係なく自分自身について話し、自分の名前と声を見つけることを望む」と演説した。

写真=Big Hitエンターテインメント
RMは、全世界の若者たちが共感する正確なメッセージ、詰まることのない演説と驚くべき英語の実力で、世界から賛辞を受けた。これに対してRMは、コンサートに来てくれたファンの前で「ARMY総長、ARMY総裁様、ARMY長官に感謝し、愛している」「国連で本当に緊張した。ARMYがいなかったから」とファンに対する無限の愛を示した。

悪天候にもかかわらずコンサートに来てくれたファンに、防弾少年団は「天気が肌寒くて雨まで降ったが、今は良くなった。ぐずついた天気のおかげで、僕たちはここで虹を見ることができる」「皆さんの瞳と声、空気、すべてのものに虹がある。感謝し、愛している」と述べ、歓呼と拍手を受けた。

防弾少年団、国連本部で感動のスピーチ「希望がないと言われた過去、諦めたいと…」

記者 : チャン・ジンリ