JBJ95 高田健太&キム・サンギュン「グループで取った1位、2人でも挑戦してみたいです」

10asia |

写真=10 Star

JBJはどこにもないグループだった。所属事務所で練習期間を経て結成されたグループでもなければ、Mnet「プロデュース101」シーズン2のデビュー組でもなかった。しかし、彼らの魅力と可能性は「プロデュース101」シーズン2の国民プロデューサーたちを魅了した。国民プロデューサーたちが自発的に選んだ“本当に望ましいグループ”としてJBJは生まれた。夢のプロジェクトは幕を閉じたが、健太とサンギュンは再びデビューの夢を現実に咲かせようとしている。新しいグループJBJ95として再びスタートラインに立った健太とサンギュンに会った。

――JBJ95というチーム名が誕生した背景を教えてください。

高田健太:候補はたくさんあったんです。「Reborn」「A.n」など……。「A.n」は日本語では“永遠”という意味もあるんですよ。でも僕もサンギュンも「これだ!」と思える気に入った名前を見つけられませんでした。

キム・サンギュン:良い名前も多かったけれど、やはり僕たちを表現するのにJBJ95がちょうどいい名前だと思ったんです。僕たちのアイデンティティを込めてJBJ95に決定しました。

――二人で暮らすようになって、JBJのメンバーたちと暮らした時とは違う点はありましたか?

キム・サンギュン:JBJのメンバー達と集まって暮らしていた時には、「静かな場所で暮らしたい」と思っていましたが、いざ二人になったらがやがやしていた当時を思い出します(笑)。

高田健太:僕もJBJの活動の最後の頃には、一人でいる空間や時間があったら良いなと思っていました。サンギュンと二人で暮らすのもいいけれど、他のメンバー達とのケミ(相手との相性)もまた違う面白さがあるからです。

――二人で暮らしながら何か面白いことはありましたか?

高田健太:最近僕が洗濯物を干していて、乾燥まで終えて整理をしようとして見たら、サンギュンが僕と同じ服を持っていることを発見しました。ちなみにその服にはサンギュンの名前も書いてありました(笑)。

キム・サンギュン:それは初耳ですね。

――また新人グループとしてデビューすることになりましたが、どんなお気持ちですか?

高田健太:JBJとして活動しながら、多くのことを経験して学びました。また新しいスタートを切るのだから、もっとたくさんの人にJBJ95、健太、サンギュンという名前を覚えてもらいたいです。

キム・サンギュン:二人だけの活動なので、より責任感を感じます。また、ファンの皆さんがひたすら僕たちを待ってくれたようです。そのような部分について感謝をたくさん表現するつもりです。一生懸命頑張ります。

――今回のアルバムを通じてどんなことを見せたいですか?

高田健太:JBJの解散後にも待ってくれていたファンもたくさんいて、その過程で僕たちを支えてくれた人がたくさんいます。だから待っていてくれてありがとうと、これからまたスタートだという思いを込めました。僕たちがタイトル曲を含め収録曲の決定過程にも参加したのですが、そのような思いが伝えられる歌詞を選んだりしました。サンギュンは特にラップを作れるので、僕たちの心をよく伝えることができたと思います。

――今回のアルバムで期待できそうなポイントは?

キム・サンギュン:JBJの活動の時より、作詞をする分量はもちろん歌を歌うパートも増えました。僕は全て上手くできるから満足です。

――健太さんはダンスが上手いことで有名ですよね。お互いに助け合って準備しましたか?

高田健太:僕がダンスを覚えるのが早いので、夜に一緒に練習するときに楽です(笑)。今回のアルバムでは振り付けにもたくさん参加しました。振付師の先生と話して動線を変えたり、アイデアを出したりもしました。

――今回のアルバムは参加度が高いですね。

高田健太:全体的なコンセプトから、作詞・作曲、振り付け、ミュージックビデオ、ジャケット撮影まで一つひとつすべてに僕たちの意見が入りました。そして韓国人1人、日本人1人というグループは、日本でも韓国でもなかったと思います。僕はその中でもメインボーカルなので発音にさらに気を使いました。ファンだけでなく、歌を聞いてくれるすべての人たちがどのように聞こえるか考えて、努力と練習を本当にたくさんしました。

キム・サンギュン:普通のアイドルは少なくとも5人以上ですが、僕たちは2人なのでより気を使いました。それで振付師の先生とも会話をたくさんしました。

――やってみたい変わったコンテンツはありますか?

高田健太:僕が撮影現場に行くと作家やPDの方々が、勉強するコンテンツが面白かったとたくさん言ってくださって感謝しました。僕はバラエティが好きで「ラジオスター」「知ってるお兄さん」のようなトーク番組や、サンギュンと二人で旅行に行ける「バトルトリップ」に出演してみたいです。サンギュンと僕のケミをより多くの人たちに見せてあげられると思います。

キム・サンギュン:僕は「ドゥニア~初めて会った世界」に出演してみたいです。とても面白そうです。

――お二人は最近、SBSミニドラマ「裸足のディーバ」で演技にも挑戦しました。特にサンギュンさんは主人公でしたがいかがでしたか? 

キム・サンギュン:とても面白かったです。番組のモニタリングをすると、不足している部分がたくさん見えましたが、それすらも楽しかったし、新しい経験でした。いつか演技をしてみたら面白そうだ、脇役でもやってみたいと思っていたら、本当にやることになったので欲も出てきました。ドラマの現場の撮影や雰囲気が音楽番組とは違って大変でもありましたが、不思議でした。主人公、楽しかったです。ハハ。

高田健太:僕は万が一でも、発音のせいで迷惑をかけてはならない、僕がもっと上手くやらなくちゃと思いながら頑張りました。サンギュンと一緒に撮った真剣なシーンが特に思い出されます。

キム・サンギュン:健太が最初の撮影で、カメラを音楽番組の時のように正面から見て笑えたのが思い出されます(笑)。それから2人が仲がいいあまりに、顔だけ見ても笑えたこともありました。

――サンギュンさんは今後演じてみたいキャラクターはありますか?

キム・サンギュン:僕は医者の役や医学ドラマに挑戦したいです。最近チョ・スンウ先輩が出演するドラマ「ライフ」を見ていますがとても演技が上手で素敵でした。これから僕がもっと頑張らないといけませんね(笑)。

――活動も一緒にして宿舎でも一緒なので、2人の絆もより固くなったと思いますが。 

高田健太:自然な関係になったと思います。互いに洗濯物は別々にしても一緒に干すようにです。以前僕が少し辛かった時、サンギュンが部屋に来て明るく笑ってくれて、話しかけてくれたりしました。そんな風に黙っていても互いが互いの気持ちを考えるような間柄になりました。サンギュンがとても助けになってくれています。

キム・サンギュン:もう一つの船に乗ったからです。

――同じ船に乗ったJBJ95として叶えたいことは何ですか?

キム・サンギュン:デビューであり、スタートです。これからはJBJ95という名前を皆に知ってもらいたいです。

高田健太:JBJとして音楽番組で1位もとって、受賞式に行って賞ももらったりという経験ができました。どれほど難しいか分かっているけれど、もう一度1位に挑戦してみたいです。受賞式にも行って、ヨーロッパツアーもやって、2人でのコンサートも開催したいです。日本にいた時から歌手になりたいと言っていた言葉が、実際に叶ったじゃないですか。考えで終わらず、夢が現実になったからまたそうなってほしいです。僕たちももっと一生懸命頑張るつもりです。

記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな