クァク・ドンヨン、パク・ボゴムとASTRO チャ・ウヌの二人から選ぶとしたら…!?

TVREPORT |

写真=ムン・スジ記者
俳優クァク・ドンヨンがパク・ボゴムとASTROのチャ・ウヌの中で、パク・ボゴムを選んだ。

18日、ソウル鐘路(チョンノ)区三清洞(サムチョンドン)にあるカフェで、ドラマ「私のIDは江南(カンナム)美人」を終えたクァク・ドンヨンとのインタビューが行われた。

多数の作品で経験を重ねたクァク・ドンヨン。そのたび、“いい兄貴”との共演で、視聴者の注目を浴びた。今回の作品でも恋敵のチャ・ウヌとの友情を見せ付けた。

クァク・ドンヨンは「パク・ボゴムとチャ・ウヌのうち、どっちの方が好きなのか」という質問に「ボゴム兄さんが良かったです。ボゴム兄さんが一緒だった作品は、ストーリーそのものにお互い命をかけて、お互いの人生全般に深く影響を与えているじゃないですか。さらに撮影期間がもっと長かったりもして。ウヌとも良く合いましたが、物理的時間のため、ボゴム兄さんの方がもう少し良かったと思います」と答えた。

「私のIDはカンナム美人」制作発表会当時「チャ・ウヌの顔に対するコンプレックス」を打ち明けていたクァク・ドンヨン。彼は「(コンプレックスは)克服したとも、出来ていないとも思いません。ただ、ドラマが無事に終わっただけでよかったと思っています」と笑った。

今回のドラマでクァク・ドンヨンは「私のIDはカンナム美人」で科学学科の助手ヨン・ウヨンを熱演した。ドラマでヨン・ウヨンは自分の力で成功した人のアイコンである。微笑ましい笑顔と大人らしい優しさで視聴者の視線を奪った。

記者 : チョ・ヘリョン