防弾少年団、秋元康とのコラボ中止へ…日本シングル収録曲の変更を急遽発表

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団がAKB48の総合プロデューサー秋元康とのコラボレーションを発表した新曲を発売しないことを決定した。

防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントは16日、防弾少年団の公式ファンカフェを通じて「11月に発売予定の日本シングルの収録曲が制作上の理由から、以下のように変更されます。ご迷惑をお掛け致します」と発表。タイトル曲として決定していた「Bird」が変更になり、「IDOL」のリミックスバージョンが入ることになったのだ。

これに先立って、防弾少年団はAKB48の総合プロデューサー秋元康との初コラボレーションを発表。11月7日に日本で発売される防弾少年団のニューシングル「Bird / FAKE LOVE / Airplane pt.2」のタイトル曲「Bird」を秋元康が作詞した。

しかしこれに対し、防弾少年団のファンは秋元康の女性蔑視議論などを理由に、コラボレーションの中断を要求してきた。

15日、Big Hitエンターテインメントは「ファンの皆さんの懸念を十分に理解して議論を進めている」という公式コメントを残し、その翌日「Bird」の日本シングル収録中止を電撃発表した。

「防弾少年団×秋元康」コラボ中止を求めファンが不買運動…事務所はノーコメント

防弾少年団、秋元康との超豪華コラボ決定!日本オリジナル曲「Bird」11月7日リリース

【Big Hitエンターテインメント公式発表】

こんにちは。Big Hitエンターテインメントです。

日本のシングルに関連してご案内いたします。11月発売予定の日本シングルの収録曲が制作上の理由から、以下のように変更されます。ご不便をお掛け致します。

(変更前)
1. Bird
2. FAKE LOVE - Japanese ver.
3. Airplane pt.2 - Japanese ver.

(変更後)
1. FAKE LOVE - Japanese ver.
2. Airplane pt.2 - Japanese ver.
3. IDOL(Remix)
4. FAKE LOVE - Japanese ver.(Remix)

記者 : チョン・ジウォン