IZONE、サプライズ生配信で挨拶…勉強中の日本語&韓国語をそれぞれ披露(動画あり)

OSEN |

写真=「V LIVE」画面キャプチャー
「PRODUCE48」から誕生したガールズグループIZONE(アイズワン)が先週に続き、再びサプライズ生配信を行った。

IZONEは14日、「V LIVE」チャンネルを通して「IZONEの2回目の『V LIVE』へのご訪問、歓迎します」という挨拶を皮切りに、「2度目に会うIZONE」の始まりを知らせた。

今月8日、メンバー12人揃っての「V LIVE」配信を行ったIZONEは、2回目の放送では一層リラックスし、親しみやすい魅力を発散して活発にコミュニケーションした。

それぞれ挨拶を終えたメンバーは、今一生懸命学んでいるという日本語と韓国語をカメラの前で披露した。

まず、日本人メンバーが披露した。矢吹奈子は可愛らしいハートポーズと共に釜山(プサン)の方言で「愛してるよ」と韓国語を披露し、宮脇咲良と本田仁美も「あなたの瞳で泳ぎたい」「人生は一度だけ」という韓国語を話し、韓国人メンバーから大きな歓声を浴びた。

韓国人メンバーも日本人メンバーから学んだ日本語を少しずつ披露し、目をひいた。クォン・ウンビは矢吹奈子と共に日本語で歌のワンフレーズを可愛らしい仕草をしながら歌い、他のメンバーも「どっこらしょ」「私は天才です」などそれぞれ学んだ日本語を披露し、雰囲気をより盛り上げた。

また、IZONEはサングラス、水泳、子犬など様々な効果を入れ、画面に映った自分たちの姿を見てまるで子供のように喜んだ。続いてファンのためのキャプチャータイムを設けたメンバーたちは、一人ずつ個性のあるポーズをとるなど、ファンサービスも忘れなかった。

特に予告なしで行われたサプライズの「V LIVE」であったにも関わらず、放送が始まって15分もしない時点でハート数1000万個を突破する驚きの人気度を見せ付けた。メンバーたちはこれを祝い、ファンに感謝の気持ちを伝え、3回目の「V LIVE」で会おうという挨拶と共にこの日の放送を終えた。

IZONEはMnetのサバイバルオーディション番組「PRODUCE48」を通して誕生したプロジェクトグループで、チャン・ウォニョン、宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、矢吹奈子、クォン・ウンビ、カン・へウォン、本田仁美、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、イ・チェヨンで構成されている。

最近公式SNSを相次いでオープンし、本格的な活動に乗り出したIZONEは、来月デビューを目標に準備により拍車をかける予定だ。

IZONE、初の完全体でライブ配信に登場!「みんな揃って挨拶…感慨深い」(動画あり)

「PRODUCE48」のガールズグループIZONE側、デビュー日についてコメント“10月を目指して準備中、日付は未定”

記者 : チ・ミンギョン