GOT7 マーク、ソロ曲「OMW」MV公開…光の中で輝く“非現実的な魅力”

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
GOT7のマークがソロ曲のミュージックビデオを公開し、見る人を圧倒する非現実的な魅力を誇った。

韓国で17日に3rdフルアルバム「Present : YOU」とタイトル曲「Lullaby」を発売するGOT7がカムバックするまであと3日となり、ニューアルバムに収録された7人のソロ曲のMVを全て公開し、期待を高めた。

JYPエンターテインメントは13日午後6時、NAVER Vチャンネルにソロ曲を公開する最後のメンバーであるマークの「OMW」のMVを公開した。

マークは「OMW」のMVで、鮮明な光の動きを背景に、幻想的なビジュアルを披露した。また、ラップとボーカルを行き来し、感覚的な雰囲気を創り上げると共に音楽的個性を余すところなく発揮し、目と耳を魅了した。

「OMW」は「進んでいる(on my way)」という意味で、マークは作詞した歌詞に「夢と成功に向かって止まらない」というメッセージを込めた。

GOT7は3rdフルアルバム発売に先立ち、各メンバーのソロ曲予告イメージ、7本の個別MV、タイトル曲「Lullaby」MVの予告映像など、様々なコンテンツを順次公開し、ファンの期待を高めている。

JYPは14日午前0時、JYPおよびGOT7の各SNSチャンネルに韓国語、英語、中国語、スペイン語の4ヶ国語で制作されたGOT7の新しいタイトル曲「Lullaby」の全ての歌詞を公開した。

GOT7は歌詞のイメージも4ヶ国語で制作し、「脱け出せない、君から」という歌詞のように、夢のように甘く幸せな感情を歌う。

7人のスイートガイに変身してファンのところに戻ってくるGOT7は、デビュー後4年間、特に「2018 WORLD TOUR」で世界中のファンの熱い愛を再確認し、それに応えるために多国語のタイトル曲を準備した。

タイトル曲「Lullaby」は幻想的なシンセサウンドが印象的なアーバンディープハウス系のポップソングで、歌詞にはロマンチックな感性を込めた。サウンドはトレンディな雰囲気で、パフォーマンスはGOT7だけの力強いエネルギーが満載となっているのが特徴だ。

「Present:YOU」はデビュー後、今まで変わらぬ愛を送ってくれたファンに「GOT7にとって人生最高のPresentはファン(YOU)」という大切なメッセージを伝えるアルバムだ。

全16曲が収録される今回のアルバムは、GOT7デビュー後初めて7人のメンバーのソロ曲とMVを披露するなど“史上最高のアルバム”の誕生を予告している。

GOT7は最近、海外17都市で開催したワールドツアーで、アジアはもちろん、欧州、北米、南米に至るまでツアーの地域・公演会場の規模も拡大し、史上最高のスケールで“グローバルアイドル”の姿をアピールした。

「FOX5」「フォーブス」「ピープル」など海外の主要メディアも、GOT7の活動を紹介する記事を連日報道した。特にビルボードは、GOT7を「ニューヨーク・バークレイズ・センターで公演する最初のK-POPグループ」と紹介すると共に、ワールドツアー中である7月6日にロサンゼルスのザ・フォーラムで開かれたコンサートを「ホットツアーリストトップ10」のうち9位と評価し、注目を浴びた。ビルボードによると、GOT7のニューヨーク公演は9600人のファンを集め、130万3154ドル(約1億4652万円)の売り上げを記録した。これによりGOT7は、アジアの歌手としては唯一このリストに名を連ねた。

タイトル曲「Lullaby」をはじめとするGOT7の3rdフルアルバム「Present : YOU」の全曲は、韓国で17日午後6時に各音楽配信サイトを通じて公開される。

記者 : イ・ソダム